新しき世界 (2013) 韓国

[1049]イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミンが紡ぎだす圧巻のフィルム・ノワール ★★★★★☆

画像


待望ひさしい私のイ・ジョンジェ主演のフィルム・ノワール。
ジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェ

画像

共演に私のチェ・ミンシク、ファン・ジョンミンをはじめ、
チュ・ジンモ、イ・ギョンヨン、チャン・グァン、クォン・テウォン、ほか多数。
なんで私のイ・ミスクがおらんのじゃあ~!
という不満と悲しみはくすぶるが(笑)、面白いよお。

ツタヤの棚に並んだばかり。ほれ、走れ。
ない?全部貸し出し中? 最後の1枚、私借りたからなあ。

画像

韓国のウラ社会を牛耳るグループ「ゴールド・ムーン」の
トンチュル会長が、女遊びが祟り、あえなく交通事故死する。
身内に殺されたという噂もあるが(笑)。

画像

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏…。
イ・ギョンヨンよ、最近、殺される役ばっかだな。
売れっ子の宿命かもしれんが、おめえ出てきたばっかで死ぬなよ(泣)。

同グルーブは空席になった会長の選出がはじまる。
有力候補は2人。

画像

ひとりは、チェボム組の常務理事、ゴールドムーンNO.4の
ジュング…、パク・ソンウン。まだ決定作がないのがちと寂しい。

画像

もうひとりは、元北大門組の専務理事、ゴールドムーンNO.3の
チョン・チョン…、おらがファン・ジョンミンである。
候補はいいけど、おめえ、なんちゅう髪型やねん。

画像

おまけに足元はスリッパやし(爆)。
上の上の上の写真見てみい。
おめえ、顔のでかさでジュングに早や負けとるやないけ。
いいもん、俺には片腕がおるもん、友だちやもん?
餓鬼んちょみたいに、いったい誰やねん?

画像

ゲッ、おらがジョンジェではないか!
ジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェ
これをやってると終わらないので先へ行こう(笑)。

画像

ちなみにグループのNO.2は
副会長のチャン・スギ理事…、チェ・イルファだが、もともと負け組。
故トンチュル会長がお情けで副会長に置いただけなので
話にならない。おらがイルファ、寂しそう。可愛そう(笑)。

しかし韓国映画界の七不思議、生きとるなあ。
チェ・イルファよ、なんでいつも
お人よしのおめえにヤクザの親分が回ってくるねん?

画像

次期会長は、月末の臨時理事会で選出すると決まる。
はや故会長直系の「ジュング有力」の空気が漂う。

チョン・チョンが事実上NON.2なのだから当然第1候補なはずだが、
ほかの理事連中の反感を買っているからである。
故トンチュル会長に可愛がられたことがひとつ。
そしてもうひとつは、チョン・チョンがじつは「華僑出身」だからだ。

チョン・チョンの片腕手で営業理事の
イ・ジャソン(イ・ジョンジェ)もじつは「華僑出身」である。

画像

ジュング派に回る冷や飯食わされ能なし理事諸君。
ヤン理事…、おらがチャン・グァン。傑作「トガニ」の立役者。
パク理事…、おらがクォン・テウォン。名脇役。
キム理事…、おらがキム・ホンパ。あれ?セリフ喋ったっけ?(笑)
すまなんだ、みんな、おらがジョンジェの引立て役に出てもろうたりして。

画像

あ、「華僑出身」とカッコで括ったのは字幕でそうなってるからだ。
が、華僑出身の韓国人というのは悲しいかな
私にはもうひとつ皮膚感覚的にピンと来ないので、
じつは「朝鮮族」系韓国人と読み替えながら観ていた。
そのほうが私にはチョン・チョンが反感を買う理由、
イ・ジャソンが辿る運命がよくわかるような気がしたからだ。

そのまま中国人華僑でもいいんだろうが、
ジョンミンとジョンジェではさすがに異和感あるでよ(笑)。

ちなみに…、ばかりで申し訳ないが、
のちにチョン・チョンは抗争を乗り切るため
延辺(中国、朝鮮族の住む地域)から四人の殺し屋を呼んでいる。
「華僑・韓国人」には朝鮮族が親しいのだと思われる。

ところで警察側は…、ジャン!

画像

左、おらがチュ・ジンモ…、ソウル地方警察庁のコ局長。
右、おらがチェ・ミンシク…、同捜査企画課のカン・ヒョンチョル課長。

この会長選を、
巨大化した犯罪組織「ゴールド・ムーン」を弱体化する
千載一遇のチャンスと捉え、プロジェクトを立案、決行する。
その名も「新世界」。

タイトルはここから来てるのかな?
しかし「ゴールド・ムーン」とか「新世界」とか、懐かしいねえ。
古き良き日活キャバレー映画の復活だあ~(笑)。

画像

いい顔してるよなあ。うっとりしちゃうよ。
苦労が違うんだろうなあ。

画像

「おまえの指で葉を触るな。触ると葉が死ぬ」だって(笑)。

私は現実に起きた事件をモデルに本を書いてきた。
で、当事者たちが陥った心を表現するには、
稽古場でよほど苦労しないととてもじゃないが表現できない
と、地獄の稽古をやらせようとしてきたのだが、だめ。
日本人はひたすら楽することしか考えてないもんね(笑)。
こんな陰影に富んだ表情、美しいからだにならん。

プロジェクトの内容?

画像

われらがこの男を次期会長にすること。

ジャソン、じつは6年前、カン課長が
ゴールド・ムーンに送り込んだ潜入捜査官なのだ。

画像

課長はまず二人だけの秘密事務所にそのジャソンを呼ぶ。
トンチュル会長の死を契機に署へ戻す約束だったが、
会長選が終わるまでグループに残るよう指示する。
むろんプロジェクトについては一切明かさない。

ジャソンは愕然とし、怒る。
やくざの世界がすでに耐えられなくなっているからだ。
じきに美人の妻に子供も産まれる。
が、所詮役人、上司の指示に従うしかない。

よかったな、ジョンジェ。普通の刑事に戻ってどうする。
人生淋しいぞお。おめえばかりか、おらも(笑)。

画像

次に仕事で中国へ向かおうとするチョン・チョンを空港で捕まえ、
ビジネス交渉をする。
会長選に不利なおまえを会長にしてやろう。
その代わりすこし協力しろ、と。
チョン・チョンが断ると、これを読めと、
秘密裡に調べ上げたチョンチョン組の犯罪資料を手渡す。

画像

組織内部にサツのスパイがいると確信したチョン・チョンは、
中国のハッカーに依頼し、警察内部の資料を入手しろと
側近弁護士に指示。

画像

一方で、延辺から朝鮮族殺し屋4人を呼ぶ。
こやつら、ルンペンプロレタリアートにしか思えないが(笑)。
左端、リーダーの乞食4…、おらがキム・ビョンオク。
久しぶり…、でもねえか、「音痴クリニック」で会うたわ。

画像

カン課長の次なる一手は、ジュングの逮捕である。
え、罪状? そんなものはどうでもいいのだあ。
会長選が終わるまでとにかく拘留すりゃいいのだあ~。

画像

チョン・チョンは極秘裡に帰国し、拘留されているジュングに面会する。
チョンにすれば、サツの手に乗るなと言いたいのだが、
ジュングは、俺を売ったのはチョンだともはや信じ込んでいる。

画像

次にカン課長に会い、手土産に中国の銘菓月餅を手渡す。
もちろん中身は金。
今後も月々のお手当てをお渡ししますので、
会長選に首を突っ込むのはやめてもらえませんかあ~。
と裏取引をしようとするのだが、課長は食せず、取引は失敗。

画像

チョン・チョンは、ジャソンを埠頭の倉庫に呼び出す。
ジャソンはかすかな不安を覚える。
兄貴が自分に内緒で帰国することなど過去ありえなかったからだ。
まして倉庫は、裏切り者を処置する場所なのである。

画像

倉庫へ行くと、チョンにそこのドラムカンを覗いてみろ
と言われる。

画像

ジャソンの心臓が止まりそうになる。
女はかれの囲碁の先生、じつはカン課長と自分の連絡係を務めていた
シヌ警察官(ソン・ジヒョ)だったからだ。

画像

チョンは、
その女は警察官で組織に潜入していた、知ってたか、と
ジャソンに中国人ハッカーから買い取った情報資料を渡す。
そして言う、じつはもうひとり本物のデカがここにいると。

ジャソンは一瞬覚悟を決める。と、
チョンは手に持ったスコップでいきなり左隣のソンムを殴り殺した。

画像

ソンムはジャソンの手下である。
かれもカン課長が潜入させた警官だったのだが、
ジャソンはそのことをまったく知らなかった。

もちろんチョンはジャソンも潜入警官だと知った。
が、ジャソンを殺すことはなく、知らぬフリを押し通した。
なぜか? お願いだから観て、映画(笑)。

画像

カン課長はジュングに写真を差し出す、
自分とチョン・チョンが密会している現場写真を。
課長はじつはこの写真が欲しくてチョンに近づいたのだ。
ジュングはチャンの裏切りを確信、
手下を面会室へ呼びつけチャン殺害の指示を下す。

画像

ジャソンはチョンと取引をしたのかと課長の胸倉を掴む。
と、課長は言った。

画像

中国人ハッカーにやられた、極秘資料も全部。
チャンはおまえの正体もすでに知っている。
おまえのこれまでの資料はすべて消された。
チョンの命もきょうまでだ。ジュングの手下が動いた。
チャン・スギ理事(NO.2)と組んでゴールド・ムーンを乗っ取れ。
スギを囮にしておまえが実権を握れ。
おまえにはもうその道しか残されていない、と。

画像

いちばん傷ついてるのはカン課長かもね。
可愛がってきた部下たちの命を危険に晒し、
うち二人はすでに殺害され、それでもなお上層部の指示で
プロジェクトを実行つつづけなければいけないんだから。
かれはすでに胸のうちで辞表を書いている。

画像

その頃チョン・チョンはビルの地下駐車場で
ジュングの手下たちに襲撃され、重傷を負い、

画像

病院に運び込まれた。

画像

死を覚悟したチョン・チョンは部下を遠ざけ、
ジャソンひとりベッドに呼ぶ。

画像

「もう会えないと思ってた。チョー嬉しいよ。
おい、ブラザー、苦しんでるみたいだな。
そんなに悩むな。このへんで選べ。
兄貴の言うことを聞け。おまえが生き残るためだ」

画像

「強くなれ。強く生きるんだ。俺の舎弟よ。
それがおまえの生きる道だ。わかったか」

画像

そう言い残してチョンは息を引き取った。
ジャソンは果たしてこのあと、生き残るためにどんな道を選ぶのか…、

というのが大筋。
あとは自分の目と心でしっかり確かめようぜ(笑)。

脚本・監督は「悪魔を見た」
「生き残るための3つの取引」の本を書いたパク・フンジョン。

内容的にはちょっとあれだけど(笑)、
次から次に物語がスピーディに展開していくし、
俳優陣がめちゃいいから、うわっ面白い!ってなるよね。

そ。映画はやっぱり俳優で決まる。
韓国の実力者たちをこうやって集められると
ハリウッドや日本はむろん諸外国はなかな太刀打ちでけん?

とりわけチェ・ミンシクとイ・ジョンジェの絡みは圧巻。

ミンシク、なにかを諦めたよね。
諦めて、ものすごく自由に、自然体でいられるようになった。
だから一方で太ってしまったのかも知れないが(笑)、
ここまで来るとちょっともの凄い。

そんなミンシクが相手だからジョンジェも生き返った。
最盛期のジョンジェに惚れまくってる私が演出したら
もっと生き返ったんじゃないかとは思うけどさ(笑)。

ファン・ジョンミンもほんとよくなったねえ。
イ・ジュニクと組み(「雲を抜けた月のように」)、
リュ・スンワンと組んだ(「生き残るための3つの取引」)のが、
ものすごく大きな転機をもたらしたような気がする。

ただジョンミンとジョンジェの絡みはちょっと「?」かな。
といっても俳優の問題じゃなくて、演出の問題。
ジャソンのイメージが一定してなくて、ちょっと分裂気味なんだよね。

画像

ここは6年前の、カン課長とジャソンの出会いのシーン。
ここのジャソンめちゃくちゃいいんだけど、
基本的にはこのイメージで押さないとだめだよね。

静のカン課長、動のチョン・チョンが前に出てて、
ジャインはちょっと内気で二人よりいつも引っこんでる。
引っこんでるのになんでチョン・チョンは可愛がるんだろ?
引っこんでるのに、なんで時に課長に爆発するんだろ?
と思わせておく。

で、気づくと、チョン・チョンの死あたりから
グイ~ンと前面に出てきてる。
あの「若い男」や「火の鳥」のジョンジェがグイ~ンと前面に。

と、もっと、カッコいい~!!
ジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェ
になったと思うよ、間違いなく。

ま、こんな贅沢言ってられるのも
これがめちゃ面白かったからなんだけどさ。

ほれ、走れ~、レンタル屋に!
ジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェ
ミンシクミンシクミンシクミンシクミンシクミンシクミンシクミンシク
ジョンミンジョンミンジョンミンジョンミンジョンミンジョンミンジョンミン(笑)



画像


●tenchanさん
あ、そうか、「インファナル・アフェア」かあ。私はもうこの連中と
お喋べりしたり、この連中を隅々までしゃぶり尽くしたりするのに夢中で、
全然気が回りませんでした。すいません(笑)。
囲碁の先生を射殺するのは、せめて自ら葬ってあげたいというジョンジェの
愛です。間違いありません。100%、ジョンジェの愛! 囲碁の先生が
告げ口(笑)することはありえないとジョンジェもわかってますので。
tenchanさんにそう思われるとジョンジェは泣きます。信じましょう(笑)。
TOPシーンのジョンジェのカッコ良さから、最後はこうなるんだろうなあと
私はすこし予測してました。そのぶん最後、椅子に座るシーンはもっと
カッコ良く決めさせてくれえ~!と思った訳です。
ジョンジェを主演に使ってくれたのはめちゃ嬉しいけど、ジョンジェが秘めてる、
ヒリヒリする太陽の孤独感を、監督、全然わかってねえよお~、と(笑)。

●tenchanさん
おっ、若い女の子のジョンジェ・ファンが急増!嬉しいなあ。
ビデオ屋さん、レンタル屋さんはチャンスなので、軒先、店内にジョンジェの
写真を貼りまくって若いころのジョンジェ作品を売りまくってくれ~!(喜)
続編で、ヨス(麗水市)時代の二人を!絶対撮れ、韓国の歴史のためにも、
烈しい民主化時代をバックにチンピラやくざとして生きていく二人を。
忙しいなんて言って撮らないとこの監督、阿保。認めてやんないよ~(笑)。
そうだ、リュ・スンワンに撮らせましょう!ジョンジェ、ジョンミン、スンワン
のコンビで大傑作間違いなし。二人に若き日のイ・ミスクを巡って
死闘もさせましょう。女が出ない映画はやっぱり片半分なので。
でもミスクがデモの中ミンシクが指揮する警官隊に撃たれて死んでしまう。
二人は泣きじゃくり、ウラ社会の大物になって国家権力に復讐してやると、最後
ソウルへ向かう…!勝手に妄想が膨らむなあ。私が描こうかなあ、台本。
そうすればめちゃ好きなこの連中にも会えるし。
どうでしょう、私のプラン?(笑)

ありがとうございました。


■134分 韓国 犯罪/ドラマ
監督: パク・フンジョン
脚本: パク・フンジョン
撮影: チョン・ジョンフン
音楽: チョ・ヨンウク
出演
イ・ジョンジェ 潜入捜査官イ・ジャソン
チェ・ミンシク ソウル警察カン・ヒョンチョル課長
ファン・ジョンミン ゴールド・ムーンの実質No.2 チョン・チョン
パク・ソンウン イ・ジュング
ソン・ジヒョ シヌ
チュ・ジンモ コ局長
チェ・イルファ チャン・スギ理事
チャン・グァン ヤン理事
キム・ビョンオク 中国から来た朝鮮族の殺し屋

「悪魔を見た」「生き残るための3つの取引」の脚本で注目を集めたパク・フンジョンによる監督第2作にして、ハリウッドがリメイクに乗り出したことでも話題の韓国大ヒット犯罪ドラマ。韓国最大の犯罪組織で潜入捜査を続ける警察官を主人公に、組織トップの急死によって後継争いが勃発する中、組織の壊滅を目論む非情な上司が推し進める正義と、兄と慕う組織幹部の男との絆の狭間で苦悩する主人公の運命をスリリングに描く。主演は「10人の泥棒たち」のイ・ジョンジェ、共演にチェ・ミンシク、ファン・ジョンミン。
韓国最大の犯罪組織で6年間も危険な潜入捜査を続けている警察官のジャソン。その甲斐あって、今では組織のナンバー2、チョン・チョンの信頼を勝ち取り、その右腕として台頭するまでになっていた。しかし神経をすり減らす仕事に、警察へ戻る日を待ちわびる毎日だった。そんなある日、組織の会長が急死し、にわかに跡目争いが勃発する。ジャソンの上司カン課長は、これを組織壊滅の絶好のチャンスと捉え、警察復帰を嘆願するジャソンに非情な捜査継続の命令を下し、“新世界”と名付けた一大プロジェクトを決行する。

 

この記事へのコメント

tenchan
2014年08月05日 21:21
こんにちは~
山崎さんが愛してやまない方達がたくさん出てらっしゃるので お気に入りの作品にねると思いました^^
インファナル・アフェアのリメイクだと思っていましたので 少し違ったラストは意外でした
ところで ジャソンがドラム缶の中の囲碁の先生シヌを拳銃で撃つシーンですが 苦しまずに死なせてあげようと思ってだとは思いますが それとは別に自分の身分がばれるのを恐れたのではないかと思ったのですが・・・
考えすぎでしょうか?(笑)
tenchan
2014年08月07日 11:09
せめて自ら葬ってあげたいというジョンジェの愛です・・・
安心しました
保身?一瞬でもよぎってしまったこと あやまります(笑)
最後の椅子に座るシーンで 韓国の若い女の子のファンが急増しました
あれでも しびれるほどカッコいいと思っているのに 山崎さんがもっとカッコよく演出されたら ファンで溢れてしまいます(笑)
一番最後のシーンの時の若い時代を 続編でいう話が持ち上がっていたらしいですが 監督をはじめ皆さん忙しいのでスケジュールが取れないらしいです
でも早くしないと 若い時代の役が出来なくなってしまいますよね

ひまわりの種
2015年07月30日 17:11
今日は、酷暑お見舞いもうしあげます。
ネット配信されたのを観ました。”ずるい!”程、ジョンジェにきまりの映画ですねー。あの、囲碁の先生の場面はtenchanさん同様保身の為かなとも思いましたが、それも又ジョンジェがやっていると美学! ネットでも”ジョンジェ格好良い!”のコメント多数です。”十人の泥棒たち”の無駄骨をを帳消しにし、それを今ネットで気軽に視聴出来るなんて幸せです。
テヒ
2015年09月01日 00:01
山崎さん。こんばんは。初めてお邪魔いたします。
今年の7月中ごろに突然ファン・ジョンミンに覚醒しました。
録画してあった『新しき世界』、前に一度見始めたのですが、冒頭の人間フォアグラならぬ人間セメントに恐れをなしてストップしていました。ふと、やっぱり見てみようと思って見始めたところ・・・・。
機内スリッパにやられてしまいました。
たまたまそのころ我が家に滞在中だった、現在韓国在住中の友達の「ダンシングクイーン見ました?」の一言で
『ダンシングクイーン』に。そして山崎さんの記事で「伝説の拳」に。
おまけに今日は『美しき日々』のイ・ビョンホンについて、同感の嵐です。
そうそう。『北京の自転車』もすばらしいですね。これはwowowで放送していたのを何気に見始めて引き込まれました。録画してなかったのが返す返すも残念な作品です。
これからも楽しみに拝見します。
ちなみに私は『星から来た男』は3度見て3度号泣しました。

この記事へのトラックバック