桑の葉_2 (1985) 韓国

[258]コリアン・エロスの名作。描かずして描かれた日帝支配下の朝鮮
★★★★★★

画像
(2009/03/30にUPした記事に補筆、修正)


画像

アンヒョプは約束のぶどう畑へ行き、
下の村のチソプにからだを売る。売春する。

画像

ギエ~、お洒落~♪ イ・ミスク、
このシーンはどうやら代役を立ててもらったらしいが(^^♪

画像

そしてお代に彼の持参した米をいただいて帰る(^^♪
後はこの繰り返しが艶笑譚タッチで小気味よく進められる。

画像

村の男が米を手に寝込みを襲い、
美しすぎるお前が悪いと圧し掛かる(^^♪

画像

村の村長さんは銀の指輪を渡して、
雷雨の中、背後から美しきアンヒョプに無理強いをする(^^♪
見ていると、女を買うにしてはその米の量、指輪は
あまりにも高価すぎることがわかるが、
それは言うまでもなく、女買いという名目を通して村人たちが
自分たちの蓄えを密かにサムボに抗日活動資金として
渡そうとしているからなのである。

画像

村の男で彼女の話を知らないものはいない。
彼女のからだを知らない男はいない。
どうやら二人の男を残し、未成年の男の子まで
彼女の恍惚の楽園を知ってるという噂が流される(^^♪

画像

女たちも寄れば彼女の噂話で笑う。
アンヒョプの前でもまるで遠慮がない(^^♪

画像

アンヒョプの恍惚の楽園を知らない男の一人チルソンが
桑畑で彼女に土下座をして願い乞う。
なぜ「桑畑」でなければいけないのか?
もちろん抗日活動の一環であることを互いに了承しあうため
なのだが(^^♪
アンヒョプが指輪と交換ならと艶然と誘うと、

画像

チルソンは寝入った妻の指から指輪を盗み、
待ち合わせた水車小屋で彼女と事を致す。
廻る水車の音にリズムに腰を合わせながら、風流に致す(^^♪

画像

アンヒョプを知らないのはこの村一番の働き者で、
彼女に一番近い所に住む隣家の下男サムドルだけとなる。

画像

ところがアンヒョプはサムドルだけは絶対身を任せない。
こうやって忍び込んでこようが、
全財産をはたいて絹の織物を買ってこようが許さない。
1億円積まれたって嫌だと断固拒否する。

画像

ついに騒動が起こる。
チルソンが女房の指輪を盗んでアンヒョプと寝たことが
女房にバレてしまったのである。
村の女たちもさすがにここぞとばかりに堪忍袋を切らし、
アンヒョブの家に押しかけ、チルソンの女房と一緒に彼女を
袋叩きにしてしまう。
これも村人たちの「お芝居」なのだが、つい本気になり過ぎて
アンヒョブに怪我を負わせてしまったと言うべきだろう(^^♪

画像

傷ついたアンヒョブは縁側に出て悲鳴を上げる。
「おかあさん、どうして私はこんなにいじめられるの」と。

画像

ここで初めてアンヒョブの悲しい過去が語られる。

画像

家は幼い頃から貧しく、
父親が病気で寝込むと飯もろくにありつけぬ様になり、
彼女の母親は子供たちを道連れに死ぬことばかり考えていた。

画像

そんなある日、アンヒョブは
つい他人の畑のじゃがいもに手を出してしまうのだが、

画像

持ち主の男に見つかり、強姦されてしまったのである。

画像

いや、強姦というよりたぶん、
じゃがいもと引き換えにからだを要求されたのである。
以来、彼女は一家のため、自分のからだと引き換えに食糧や
お金を手にするようになったのである。
サムボと出会ったのもおそらく、彼女が町で娼婦をしていた時だ
と思う。

画像

アンヒョブは雨降る中、縁側から遠い故郷を想い母を呼ぶ。
「オモニ、オモニ(お母さん)」と。
ここはこの物語の中で描かれる数少ない「月」=「本当」のシーンで、
イ・ミスクの演技に哀れを誘われる。

画像

広場でアンヒョブ問題についての村会議が開かれる(^^♪
村長を初め村の男たちは彼女に同情的だが、
このままでは村の風紀が乱れる、あの女を村から追い出せ
という女らの声に気押され、結局、その役を長老に頼むことになる。

画像

で、村の長老様が颯爽と登場して、
アンヒョブに村から出て行けと命ずるのだが、

画像

「長老様、村の男たちも畜生です。
なのに私ばかり畜生と言われるのが悔しくて」と
美しいアンヒョブに泣きつかれ、押し倒されてしまったものだから、
長老様もついいたく感激してめでたく一件落着する(^^♪
要はまあ、どこかで目を光らせている日本人憲兵らの目に、
村が内輪揉めしているようだと映ればいいだけのことなのだが。

画像

障子穴からその光景を覗いていた隣家の下男サムドルが、
なんでオラばかりとついにブチ切れ、
有無を言わせずアンヒョブに圧し掛かろうとする。
が、アンヒョブが泣き始めたのでサムドルは思わず戸惑い、下りる。

アンヒョブはなぜサムドルの願いを拒むのか。
私の想像だが、彼女がサムドルにかつての貧しい自分を、
そして貧しいが故に蔑まれた自分を見ているからだろう。
なので彼だけはいまの自分の生活に巻き込みたくない
という気持ちがあるのだと思う。
つまり拒むのは、彼女なりのサムドルへの愛なのだ(^^♪

もっともそれだけではない。イ・ドゥヨン監督は、
サムドルの望みは一切叶わないことにすることで 、
サムドルを日帝支配下の朝鮮人の姿として描きたかったのだと思う。

画像

収穫の秋、サムボがまた帰って来る、
彼を監視している日本人憲兵と一緒に。

画像

夫サムボがサムドルの一件を耳にして話を持ちだすと、
妻アンヒョブが逆ギレし、
あたしに愛想尽かしたのでそんなことを言うんだろうなどと
夫婦喧嘩が始まる。

画像

そこへサムドルが割り込んで来て、
アンヒョビの村での行状を洗いざらい大声でサムボにぶちまける。
と、今度は止めろとサムボが逆キレしてサムドルをぶん殴り、
ついにはアンヒョブに「桑畑で何人の男と寝たんだ」と問い、
殴り、気絶させてしまう。

画像

この騒動に慌てふためいていた村長らが
日本人憲兵の姿を見かけ、騒ぎを収めてくれと頼む。
と、憲兵は
「俺には関係ない。殺しても死んでもおまえらだけにしろ。
俺の任務はそんなことではない」と言って立ち去る。

ここはポイントである。村長らは表情にこそ出さないが、
作戦成功と本当はニンマリなんだよね。
憲兵らの監視の目を誤魔化すために色々とお芝居をしてる訳だが、
憲兵がそれにまったく気づいていないことがわかったのだから(^^♪

画像

サムボが医者を呼びに走り家へ戻ってくると、
アンヒョブは元気そうに床掃除をしたりしている。
サムボは吃驚、ホッと安心する(^^♪
彼女はサムボの気持ちを確かめるため、
サムボがどうするか気絶するひと芝居打ったんだよね。
で、サムボが医者を連れてきたので、私のこと愛してるんだ、
心配してるんだとニッコニコになっちゃう訳さね(^^♪


※「桑の葉_1」
※「桑の葉_2」
※「桑の葉_3」


画像



■114分 韓国 エロティック
監督: イ・ドゥヨン
製作: イ・テウォン
原作: ナ・ドヒャン
脚本: ユン・サムユク
撮影: ソン・ヒョンチェ
音楽: チェ・チャングォン
出演
イ・ミスク
イ・ムジョン
ナ・ジョンオク

日本軍占領下にあった1920年代の韓国の、とある小さな村を舞台に、体を張って家計を稼ぐ一人の女の姿を描いた官能ドラマ。コーリアン・エロスの代名詞的存在である。
村一番の美人アンヒョプ(イ・ミスク)は、賭博好きで年に数回しか家に帰らない夫サムボ(イ・デグン)に金を渡すために、桑の実の収穫を引き受けたが、村の男たちはそんな彼女に言い寄り、彼女も良心の呵責を感じながらも生活の苦しさから金と引き換えに体を許す。
村の女たちが、そのことを知り、長老が追放を告げにいくが、長老も彼女の魅力の前に骨抜きにされ、引き下がってしまう。
そんな中、アンヒョプにしつこく言い寄りながら相手にされないサムドル(イ・ムジョン)が腹立ちまぎれにすべてをサムボに話してしまう。サムドルを殴り倒したサムボはアンヒョプを問い詰めるが、すべては自分が置いてけぼりを食わせたことが原因だと彼女を許し、また都会へと去っていく。
しかし実は彼は抗日運動の闘士で、彼の後姿を日本軍の若い憲兵が追っていく。

 
クリッと(嬉) 使い捨てコンタクトレンズ★安い・早い・確実にお届け★ デメカル血液検査キット
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログん家



桑の葉 [DVD]
フルメディア
2006-03-24

ユーザレビュー:
はっきり言って「成人 ...
恨(ハン)に近づく公 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 桑の葉_1 (1985) 韓国

    Excerpt: [258]コリアン・エロスの名作。描かずして描かれた日帝支配下の朝鮮 ★★★★★★ Weblog: こんな日は映画を観よう racked: 2015-05-03 14:00
  • 桑の葉_3 (1985) 韓国

    Excerpt: [258]コリアン・エロスの名作。描かずして描かれた日帝支配下の朝鮮 ★★★★★★ Weblog: こんな日は映画を観よう racked: 2015-05-03 14:01