ラン・アウェイ (1995)

う~ん、ビョンホン ・ファンはどう観たんだろう……?

画像


けっこうアクションものに目がないので観たんだけど、
始まって5分経ったころから「……」
観れば観るほど「………」
観終わったあとさらに「……………」。
ほんと、画面、静かに閉じるよりしょうがなかったんだよねえ。

普通だったら途中で観るのやめたんだろうけど、
イ・ビョンホンだし、最後はなんとかしてくれんじゃないの、
と思っちゃって……?

そう言えば、
この映画すすめてくれたひと、さすがいなかったなあ。
まあ、当たり前か……。

イ・ビョンホンえらく若いし、
気になって調べたら、映画出演、2作目。

かれはシナリオを選ぶと言われているようだけど、
ひょっとしたら、この映画の失敗が懲りた……?

まあ、わかるようになるには、
失敗重ねないとね……、と慰める。

ん、誰を……?

-------------------------------------------------------

●ゆうさん
はい、ついに観ました(苦笑)。
韓国映画もハリウッド真似てこういうことやってたんだあ、
と思いました。
でも、みんな、一生懸命やってるところはとてもよかったです。

●ハヤシさん
作品の選択の余地がなかったというのは
じゅうぶん想像できますよね……。
ものすごい血糊がついたラストのイ・ビョンホンの顔、
あれはあれで妙に印象に残りました……。

●チェブさん
若い時分、男はバカだから、
けっこうみんな「走る」こと主題にしちゃうところがあるんです。
そういう意味ではわからないではないんですけどね……。

●スクリーンさん
ありがとうございます。探して観ます……。

●ソヌッチさん
まだ韓国映画の全体像がつかめていないので、
なんとも言いようがないのですが……。
まあ、ファンからしてみれば別に出来が悪くても関係ない……、
それもひとつの立派な映画の見方だと思いますけどね。

●マリリンさん
韓国映画全体に、こんな時代があったんじゃないですかね。
それはもうしょうがないと思います。
むしろ、それからひじょうに短期間の間に
いまみたいに韓国映画が成長したことに瞠目します……。

●ライラックさん
俳優もスタッフもいい意味で若い、そこが救いだったと思います。
賞もらったのもそのあたりが評価されたのかもしれませんね。
すごい勢いのコメント、納得、安心(笑)。

ありがとうございました。

-------------------------------------------------------

106分  韓国 サスペンス/ロマンス

監督: キム・ソンス
脚本: キム・ソンス

出演
イ・ビョンホン
キム・ウンジョン
イ・ギョンヨン
チャン・ドンジク
チャン・セジン
イ・チョルウン

ソウルの銅雀大橋の上で二人の男女が出逢う。仕事と自分の人生を愛する3Dゲームのプロデューサー、イ・ドンヒ(イ・ビョンホン)と、徹底的に一人だけの時間を楽しむフリー・イラストレーター、チェ・ミラン(キム・ウンジョン)は、一夜限りの短いが激しい愛を交わす。彼らは、それぞれの日常へと戻ろうとする瞬間、路上での衝撃的な殺人事件の目撃者になってしまう。事件に巻き込まれることがイヤなミランは警察に通報することに反対するが、ドンヒは通報する。刑事を抱き込んだ麻薬組織に捕えられたドンヒは、辛うじて逃げ、ミランにも危険が及ぶことを知らせる……。

"ラン・アウェイ (1995)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント