アスファルトの男__17 (1995) 韓国

[730]ジョンオク、私は今夜君のために止められている酒を飲むよ。

画像


ああ、やっと終わったなあ。
え、まだ終わってない? アレ、そうだっけ?(笑)

でもドラマとしてはもうだいたい終わったようなもんだよ。
話をドンドンでかくしちゃったもんだからさ、
ライターも話をなんとか収拾しようと、
あとはひたすらまとめに駈けずりまわってるだけで、
まあ、たいした話にならんつうか…(笑)。

でも、いいじゃないか、許そうよ。
玉砕覚悟で一生懸命面白くしようと頑張ってくれたんだからさ…(笑)。

画像

ジョンシクは誘拐犯と化し、
ドンジュン、ドンソクからなんとか身代金を巻き上げようと
奮闘した…。

向こうの三人エキストラだと思うんだけどさ、
芝居やめて、ジョンシク見て笑ってない、コレ?
笑ってるよ。いいなあ、こういうの好き…!(笑)

画像

ところでドンヒが生きてた訳は…?
家を走り出たあと、フラフラと歩いて、
道沿いのベンチに倒れていた。

画像

そこへ浮浪の女がやってきて、
ドンヒのカーディガンと、写真をかっぱらおうとした。

と、目を覚ましたドンヒと揉み合いになって、
そこへたまたまトラックがやってきて、
浮浪の女は撥ね殺されてしまうんだよね。

で、顔がグシャグシャに潰れてしまうんだけど、
ドンヒの写真とカーディガンを持ってたことから、
ドンヒは死んだってことになっちゃったの。

苦しい辻褄合わせだけど勘弁しような…(笑)。

しかしなぜそれがわかったのか?
ドンジュンの語りによると、
なんとドンヒはそのことを憶えていたのだそうだ。

え~っ!
ウソだろう、記憶喪失はどうなっちゃうんだよ?
と思うけど、コレも突っ込まない、問わない(笑)。

辻褄を合わせようとするとこういうことになるから、
辻褄合わせ、ほっときゃいいのに。
オイラも、もう助けらんないぜよ、まったく…(笑)。

画像

こっちはハリョン。
ソン会長にもらった父の日誌を手に、
キリョン自動車のハン会長に会う。
ハリョンの母も同席。

ハン会長は、ハリョンの母と再会し、
ハリョンが故チャングンの娘だと初めて知る。

ハリョンは、
工場に火をつけたのはハン会長だと、母に暴露。
でも古い過去は問わない。
父の会社だったキリン自動車は私が立て直す…、
と、すこぶるいい子になっちゃって、アララ?って感じだったよ(笑)。

可愛いチェ・ジンシルに免じて許すけど、
活躍させたのは、ぜ、前半だけじゃないか!(泣)

画像

デス・バレー・ラリーの優勝で、
韓国自動車界にロシアから注文がきた!
ドンジュンはすぐにロシアへ飛び、高官に会った。

で、アクターが寒さにも強いことを証明するため、
車50台でシベリアを横断すると約束した。

画像

負けじとギスもただちにロシアへ。
そして韓国自動車がシベリア横断に挑戦するなら、
わがキリョンはその間、ぶっ通しで宴会を敢行する!
と高官たちに約束する。

な、なんなんじゃあ、ソレは…!(笑)

画像

ドンジュン、こんどは一転してロスへ。
な、なんと、姉のドンヒが発見されたのだ。

誰が発見したのか? FBIかな?
ようわからん、とにかくアメリカ人警察に発見されたのじゃ。
うん、いきなり発見されて、ちょっと拍子抜け。
なので再会の割にはちと盛り上がらんばい…(笑)。

故にオラは怒る。
い、今までなんばやっとったんじゃあ、アメリカ警察はっ…!(怒)

画像

ドンジュンは
ドンヒを連れて、サニーとドンソクに会いに行った。

画像
画像
画像

ドンヒとサニーの再会…。

ホントはもっと感動的な場面になるはずなんだけど、
いかんせん、ドンヒがどこまで記憶を取り戻してるのか、
見てる側によくわかんないので、うまく物語に乗れない。
テンポも巻け巻けって感じになってきちゃてるしね(笑)。

ヨンエも困ったんじゃないかと思うけど、
しかし彼女の表情は相変わらず抜群…!(喜)

画像

でも、こうなるとジョンオクが気になるよね。
サニーの母親になろうとまた帰ってきたのに、どうすりゃいいのよ。

画像
画像

サニーもむしろジョンオクをママと慕ってるのだが…。

画像

可愛そうに、死んじゃうんだよね。
ドンソクを助けようとして…(泣)。

画像

そうなのよ、このバカが…、オタンコナスが車で撥ねちゃうのよ。

画像

結局金を巻き上げそこなって、
チクショウ!って頭にきて、
ほいで車でドンソクを撥ねようとするのね、このオタンコナスが。

画像

と、彼女…、オラがジョンオク、
車に気づいて、身を挺してドンソクを守ろうとして、
結局、自分のほうは…。

画像

なに泣いてんだよ、このオタンコナスが!
もう遅えんだよ、お、大オタンコナスがっ…!!(号泣)

画像





画像

ジョンオクは、ドンヒの墓で眠りについた。

画像

不幸な人間には2種類いる。

画像

近づくとこっちも不幸になるので近づきたくないひとと、

画像

不幸になっても構わないから、
近づいて思い切り自分の胸に抱きしめたいひとと…。

画像

むろんジョンオクは後者だ。

画像

彼女はドンソクに別れようといった時、
私は大丈夫、韓国でもアメリカでも生きていけるから、と言った。

画像

うそだ。
あれは、私は韓国でもアメリカでも生きていけない、
ということだったんだ…。

画像

彼女はいつも、ドンソクが愛しているソンヒの影に怯え、
いつか帰ってくるかもしれないサニーの母に…、
ドンヒの影に怯えながら生きてきたのだ。

画像

いつかドンソクに捨てられることを知っていたから、
あのレースが終わった夜、
ドンソクに「私を捨てないでね」と言ったのだ。

画像

ドンソクは、ソンヒに会いたい思いで韓国に帰った。
そしていまサニーの母も…、ドンヒも帰ってきた。

画像

ジョンオクはもう生きていけないと思った。

画像

それでジョンシクが車で走ってきたとき、
自らその車に飛び込んだのではないのか…?

画像

飛び込めば、ドンソクを助けることにもなる。
ろくでなしの兄を助けることにもなる…、
悪いことができないように刑務所送りできる。

画像

そう思って…、ジョンオクは
最後の「献身」をして死んで行ったのではないか。
私はしきりにそんな気がした…。

画像

ジョンオク…。

画像

私のジョンオク…。
君はいちばん苦労したのに、いちばん報われぬままに死んだ。

画像

私は今夜、君のために、止められている酒を飲もう。
愛する君のために…。


●アジアの瞳さん
ひとりの女性への愛を貫いてほしいというお気持ちは
とてもよくわかりますが、ドンソクのムチュムチュという
不明の態度にはちょっと腹立ちますねえ…(笑)。
私の友人の女性は、2番目に好きな男性と結婚したそうです。
そのほうが人生うまく行くと思ったというんです。
お、そういう考えもあるのかと私は感動したのですが…(笑)。
ジョンオク、幸福であることが怖かったんじゃないかと思いました。
幼少期から、幸福だったことが一度もなかったので…。
ともあれ彼女の心には泣かされましたねえ。

●shidarezakuraさん
まあ、だいたい終わったかなあ、と(笑)。
韓国ドラマ、スタートダッシュが凄いので、
後半は息切れしちゃうのかもしれませんね…(笑)。
ジョンオクとジョンシクの兄妹、孤児なんじゃないでしょうか。
両親の影、まったくないので…。
その意味ではこの二人、韓国のひとというイメージを
強烈にひきずっていて、ほんとに感動的でした…(涙)。

ありがとうございました。


■韓国ドラマ 全16話
演出:イ・ザンス
脚本:パク・ヒョンジュ
撮影:ハム・チャンギ イム・ゾンチョル
音楽:チェ・ギョンシク
出演
■イ・ビョンホン(ドンジュン役)
カー・デザイナー。父親のバックアップと仕事に対する情熱で自動車会社を設立。ライバル社のギリョンを退け業界トップに踊り出る。
■チェ・ジンシル(ファリョン役)
カー・デザイナー。ギリョンのデザイン室長になるために、後継者のハン・ギスと親密な関係を続ける。ドンジュンの会社にスパイとしてもぐりこんで、新車開発の情報を流すが、仕事に情熱を注ぐドンジュンに惹かれはじめる。
■チョン・ウソン(ドンソク役)
ドンジュンの弟で世界的なカー・レーサー。長男を溺愛する父親に反発して、姉ドンヒのいるアメリカへ行き、紆余曲折の果てにトップ・レーサーに成長する。
■イ・ヨンエ(ドンヒ役)
ドンソクと同じように父親への反発で米軍クラブに出入りする。マイケルという男性と出会い娘ソニを産んでアメリカに渡る。酒癖の悪い夫の暴力に抵抗するものの車の事故でこの世を去る。
■ホ・ジュノ(ハン・ギス役)
国内屈指の自動車会社ギリョンの跡継ぎ。野心家で始終ドンジュンをやりこめることばかり考えているが、そのうち自分が落ちぶれてしまう。
■チョ・ミンス(ジョンオク役)
ドンヒの友人。アメリカのバーで働いていたが、ドンヒの死をきっかけにドンソクと出会い結婚する。
■キム・スジ(ソンイ役)
米軍クラブを経営するハン社長の娘。ドンソクに想いを寄せる音大生。音楽の先生になって一人暮らしのカン老人の面倒を見ながらドンソクを待っている。

 

TVショッピング大人気商品!立花みどり開発!姿勢ウォーカー
ぽっこりお腹解消を目指すなら

ブログランキング・にほんブログ村へ 

"アスファルトの男__17 (1995) 韓国" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント