二十四時間の情事_4 (1959) フランス/日本

この映画には 私の原体験とでも言うべき「ヒロシマ」の記憶がまとわりついている  高2から劇をやっていた私は1年次の秋、サークル演劇研究会に入会。 最初の舞台はきしくも、呉軍港近くの島に住む人々の被爆体験を描いた 堀田清美・作「島」だった。 ※夏までは体力を回復するため卓球部に所属していた。 映画の1シ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

二十四時間の情事_3 (1959) フランス/日本

この映画には 私の原体験とでも言うべき「ヒロシマ」の記憶がまとわりついている  「24時間の情事」が公開されたのは1959年6月である。二十四時間の情事_2 (1959) フランス/日本 6年後の1965年4月、私は広島大学国文科に入学し、5年間を広島で過ごした。 映画の1シーン「上空から見た広島」 広…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

二十四時間の情事_2 (1959) フランス/日本

[1059]アラン・レネとマルグリット・デュラスは「ヒロシマ」をどう捉えたのか ★★★★★★ 女はホテルの部屋へ入り、ドアを閉める。 しかし女には聞こえる、追ってくる男の足音が、廊下に。 私は逃れられない。私の夜は永久に明けない…。 女はそう思いドアを開ける。 男が現れる。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

二十四時間の情事_1 (1959) フランス/日本

[1059]アラン・レネとマルグリット・デュラスは「ヒロシマ」をどう捉えたのか ★★★★★★ アラン・レネの1959年度作品。台本はマルグリット・デュラス。 原題は「HIROSHIMA MON AMOUR」(ヒロシマ・モナムール) 8月15日の終戦記念日に観ようと思い、持参し、伊豆で観た。 私にしてはめずらし…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ダンシング・クイーン (2012) 韓国

[1058]スキャンダルに巻き込まれたソウルとっべつ市長候補ジョンミンの逆転なるか? ★★★★☆☆ 5月、ゴホンゴホンと咳込みながら観た映画。 おらがファン・ジョンミンとオム・ジョンファの夫婦物語だべ。 昔々、ケンカばかりしてる男の子と女の子がいた。 男の子の名をファン・ジョンミンと言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件 (2012) フィリピン

[1057]観る者を密林の中へ引きずり込むかのような途轍もないチカラを持った映画 ★★★★★★ 2001年5月、 フィリピン・パラワン島で「アブ・サヤフ」が起こした観光客20人誘拐事件を ドキュメントタッチで描いた映画。 サブタイトルで「21人誘拐」となっているのは、 フィクションの人物を1人、人質の中に加…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ホラー・ストーリーズ (2012) 韓国

[1056]観る前から悩む、なんで韓国のホラー映画は怖くないんだろうと(笑) ★★★☆☆☆ 暑い夏の夜、怖い映画を観れば涼がやってくる。 と、伊豆で地元のレンタルさんから借りてみた 韓国お得意の怖くもなんともないホラー映画(笑)。 なんで韓国のひとたちはこんなにホラー映画が好きなんだろう。 それもさ、観ても怖く…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キャリー (2013) アメリカ

[1055]ただただおぞましいだけの「キャリー」はアメリカの現在をよく表わしている ★★☆☆☆☆ 伊豆で観た、1976年「キャリー」のリメイク版。 最悪。 まったく期待しないで観たので かろうじて瀕死の重傷を負わずにすんだものの、 私の大好きな映画をめちゃめちゃにしやがって! と怒りまだ収まらず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩 (2009) イギリス

[1054]イギリスの詩人ジョン・キーツと恋人ファニー・ブローンの愛を描いた名編 ★★★★★★ 学生時分、私がT・S・エリオットとともに愛読した イギリスの詩人ジョン・キーツの伝記的作品。 監督は「ピアノ・レッスン」などで知られる ニュージーランド出身の女性監督ジェーン・カンピオン。 エリオットを愛読したの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険な関係 (2012) 中国/韓国

[1053]ホ・ジノには原点に返って市井の小さなお話を描いてほしい ★★★★☆☆ 伊豆で地元のレンタル屋で借りて観た作品。 コデルロス・ド・ラクロ(仏)の原作小説の映画化。 好きだよなあ、みんな。何度目の映画化なんだろ? 舞台はパリから1930年代の上海へ。 女性実業家ジユが、プレイボーイで鳴らす社交界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最初の人間_3 (2011) ヨーロッパ

[1052]カミュは歴史を作る側ではなく歴史を生きる側に身を置いた ★★★★★★ コルムリは母を連れて生まれ故郷のモンドヴィ(ドレアン)へ向かう。 母は亡き夫と暮らし、ひとり息子ジャックを産んだ村を遠くに眺めた。 風渡る美しい村であった。 「ここでおまえと暮らしたい」 母はそう言った。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

最初の人間_2 (2011) ヨーロッパ

[1052]カミュは歴史を作る側ではなく歴史を生きる側に身を置いた ★★★★★★ コルムリは「第二の父」であるベルナール先生のアパートを訪ねた。 留守番の女性に先生はカフェだと教えられ、カフェに向かう。 街は静かだが至るところでフランス兵の姿を見かけた。 かれはおそらく自分たちの領土を踏みにじられている気持ち…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

最初の人間_1 (2011) ヨーロッパ

[1052]カミュは歴史を作る側ではなく歴史を生きる側に身を置いた ★★★★★★ 1960年1月4日、アルベール・カミュはプロヴァンス地方にある自宅から 友人が運転する車でパリへ向かう途中、事故に遭い、急死した。 まだ46歳だった。 鞄の中に執筆中の「最初の人間」が残されていた。 「私の最高傑作になるだろう…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

恋人たちの食卓 (1994) 台湾

[1051]小津安的な父と娘の香りが漂うアン・リー監督の絶品食 ★★★★★★ 「食卓」を通して家族を描いてみせた、 アン・リー監督の台湾時代の逸品。 舞台は、台北。 きょうも人々は明日に向かい、がんばって生きている。 路地にあるつましやかな一軒家。 妻を亡くしたチュ氏は、 この家で適齢期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命ある限り (2012) インド

[1050]若くしてすでに老いた若者には超おすすめのボリウッド映画だよ ★★★★☆☆ 数年前、 「踊るマハジャラ」を観てたらボリウッド灼熱にやられて 数日間寝込むはめになった。 そのことをすっかり忘れてしまってこれ観たら またしてもボリウッド灼熱にやられて寝込んでしまった。 今回は1日半ですんだのですこし助か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しき世界 (2013) 韓国

[1049]イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミンが紡ぎだす圧巻のフィルム・ノワール ★★★★★☆ 待望ひさしい私のイ・ジョンジェ主演のフィルム・ノワール。 ジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェ 共演に私のチェ・ミンシク…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モナリザ (1986) イギリス

[1048]モナリザの微笑を湛える娼婦シモーヌの心の底には… ★★★★★★ おっ、おらの好きな映画だ!  と借りてきて久しぶりに観た作品。 名作という訳ではないが、面白くていい映画なんだよねえ。 ボスの身代わりに刑務所勤めに行ったジョージは 無事に7年のお勤めを終え、幸せの黄色…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

FLU 運命の36時間 (2013) 韓国

[1047]プンダン市民27万人が一致協力して作り上げたパニック映画の味は? ★★★★☆☆ 「呼吸器から感染、感染速度34人/秒、致死率100%。 史上最悪のウイルスが大韓民国を襲う」(照国山人) ヒエ~ッ、観たくないよお~! という鳥インフルエンザ級のパニック映画(笑)。{%笑いwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰らざる河_3 (1954) アメリカ ≪モンロー特集≫

[1046]M・モンローの人生そのものを描いたオットー・プレミンジャー監督に感謝する ★★★★★★  モンローはディマジオと離婚するとニューヨークへ移り住み、 リー・ストラスバーグが主宰するアクターズ・スタジオで演技の指導を受ける。 「セックスシンボルを脱するため」だったと言われている。 「セックスシ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

帰らざる河_2 (1954) アメリカ ≪モンロー特集≫

[1046]M・モンローの人生そのものを描いたオットー・プレミンジャー監督に感謝する ★★★★★★  ここからラストシーン近くまで物語はほとんど三人のこの激流との闘いである。 二度と生きては戻れないと言われている「帰らざる河」。 この「帰らざる河」の激流と、モンローの人生の激流を折り重ね、 モンロ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

帰らざる河_1 (1954) アメリカ ≪モンロー特集≫

[1046]M・モンローの人生そのものを描いたオットー・プレミンジャー監督に感謝する ★★★★★★  5月、季節外れの風邪に悩まされたころ、 癒しであるべき韓国映画がちっとも癒しにならなくなったので、 私、じつはこっそりマリリン・モンローへの旅に出ていたのだった(笑)。 もう会うこともあまりなかろうと思い…。しばらく…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

私のオオカミ少年 (2012) 韓国

[1045]強引な物語作りに唖然とするが最後は泣かされてしまう困った映画(笑) ★★★★☆☆ 韓国内で700万人以上の観客を動員したという映画。 アメリカ在住の韓国人スニは、 数十年ぶりに祖国の地を踏み、江原道の村トゲを訪れる。 母親に譲られて、自分名義になっている家屋(別荘)の 処分を迫られたからだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民ケーン (1941) アメリカ

[1044]演劇人オーソン・ウェルズと盟友ジョゼフ・コットンのやりとりを観てるだけで楽しい ★★★★★★ 観終わったあと資料を取りに「ウィキペディア」へ。 目を通して私は「あわわわ」と泡吹いてぶっ倒れそうになった。 「映画史上最高の作品ベストテン」つう項目があって、 この「市民ケーン」が圧倒的に第1位を獲得してる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漁村の幽霊 パクさん、出張す (2012)

[1043]拝金主義と化した日本人は悪霊に等しいという映画?(笑) ★★★☆☆☆ 笑かそうとしてるのに、 全然笑えない韓国映画を観るのは、辛い。 おらは辛い。辛い、辛い、辛い。 ここは感嘆符を入れたほうがいいのかな。 辛い!辛い!辛い! おめえだっちゃ、キム・ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔女と呼ばれた少女 (2012) カナダ

[1042]アフリカ的な風景は眺めているだけで癒される ★★★★☆☆☆ コンゴ紛争のさ中、 数奇な人生を辿ったひとりの少女の物語。 12歳の少女コモナの暮らす村は ある日突然、反政府軍の兵士たちに襲撃される。 反乱軍はコモナに銃で両親を殺害させ、 数人の子供たちと一緒に拉致する。 ゲリラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライズ 秘密と嘘がくれたもの_2 (2011) メキシコ

[1041]表現を迫られたひとたちの作品だけが胸を打つ ★★★★★★ 女は最後、授賞式への出席を許す。 セシリアは政府軍から賞状を受け取る。 まわりから拍手が湧く。想像した通りに。 しかしセシリアにはなんの喜びも湧かない。 セシリアは家へ帰ると女に謝る。「ママ、許して」と。 女は「いいわ」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プライズ 秘密と嘘がくれたもの_1 (2011) メキシコ

[1041]表現を迫られたひとたちの作品だけが胸を打つ ★★★★★★ まだ幼い女の子がひとり、 荒涼とした海辺を歩いている。 歩いているにしてはすこし変だなと思う。 こちらへ近づいてきたときその理由がわかる。 ローラースケートを履いていて、波に濡れた砂の上を 滑ろうとしているのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェ 39歳 別れの手紙 (2008) アメリカ

[1040]ゲバラはいまでも世界で一番かっこ良い男である ★★★★★★ 「もし我々が空想家のようだと言われるならば、 救い難い理想主義者と言われるならば、 出来もしないことを考えていると言われるならば、 何千回でも答えよう、『その通りだ!』と」 (ゲバラ) 1959年1月1日、バティスタがドミニカ共和国へ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チェ 28歳の革命 (2008) アメリカ

[1040]ゲバラはいまでも世界で一番かっこ良い男である ★★★★★☆ 「あのころ世界で一番かっこ良かった」 とジョン・レノンが称えた男。 私の中では「いまでも世界で一番かっこ良い」男、 チェ・ゲバラの伝記的作品である。 あるとき学生に知ってるかと聞いたら、 知ってます、Tシャツのおじさんですよね、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裸足の夢 (2010) 韓国

[1039]ティモールのこの素晴らしい子供たちに私は地球の未来を託したい! ★★★★★★★★★★ 中野の金子洋区議(52・共産党)が、 集団的自衛権の行使容認を巡り、ツイッター投稿者と口論。 「引きこもりやニートは社会に貢献していないゴミ屑(くず)として 戦場に送るべきだ」などとする相手に対し、 「お前こそ人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「魚と寝る女」評 佐々木峻(二松学舎大学生)

本当の表現とは何か 佐々木峻 (二松学舎大学) 「本当に表現する」ということは湧き出るという感覚に近いと思います。 生むより生まれるといったような受け身的な意味が強いと思います。 この感覚に沿うと客や儲けを意識して作られた作品は 「本当に表現する」ということではないと思います。 「本当の表現」で生…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

もうひとりの息子 (2012) フランス

[1038]分離壁がイスラエル・アラブ戦争の絶望的な厳しさを感じさせる ★★★★☆☆ イスラエル軍の空爆で ガザ地区の死者が200人を超したという。 イスラエルのほうも初の死者? 書く前からもう気分がドーンと重いよね。 真っ暗。 よって簡単に書く。 DVDの返却時間が迫って画像を拝借できなかったから …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

私の隣の殺人者 (2010) 韓国

[1037]この傑作を前に私が口を噤みたくなった理由とは?(笑) ★★★★★☆ アルピニストの野口健なる人物が韓国で日本人差別を受け、 韓国を訪れる「日本人旅行者が減るのも無理はない」と、 ツイッターで不満をあらわにしたという。 差別の内容は…、 タクシーに乗ったら、日本人か、降りろ、 乗ったんだから運賃…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

少女は自転車にのって (2012) サウジアラビア

[1036]映画館のないサウジアラビアに生まれた傑作 ★★★★★☆ サウジアラビアで初めて女性が撮った として話題になった映画。 ようやく観ることができた。 最初に感想を言っておくと、 小学生が書いた作文を素人がそのまま撮ったような、 ある意味ひじょうにつたない作品である。 が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狼たちのバラード (2005) 韓国

[1035]松竹DVD倶楽部が韓国を落とし込めるために発売したとしか思えない最低映画 ★☆☆☆☆☆ 正体不明の韓国映画。 輝国山人さんのサイトでも紹介していないし、 「映画データベース allcinema」でも記載してあるのは 俳優名だけ。 偶然、2人の方がブログですこし触れていたので、 読むと、2005年製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒野の決闘_2 (1946) アメリカ

[1034]西部の詩情とフォードの穢れなき魂が宿った名作を観たあとはフォークを踊ろう(笑) ★★★★★★ ドクはまだ町に留まっているクレメンタインを見て怒る。 君が出ていかないなら私が出ていくと、 馬車に飛び乗り、トゥームストーンを後にする。 残されたチワワはヒスを起こし、クレメンタインに八つ当た…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

荒野の決闘_1 (1946) アメリカ

[1034]西部の詩情とフォードの穢れなき魂が宿った名作を観たあとはフォークを踊ろう(笑) ★★★★★★ 子供のころから若い時分にかけて、 気づくといつも口ずさんでいた歌があった。 何を隠そう。この「荒野の決闘」の主題歌、 「My Darling Clementine」(いとしのクレメンタイン)だったのだあ~。{%う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グアンタナモ、僕達が見た真実 (2006) イギリス

[1033]君たちが戦場へ送られてこんな地獄体験をする日は遠くない? ★★★★★★ 「9.11テロ」とひとは言う。 が、私はテロと言わず「9.11戦争」と言っている。 「テロ」と言うのは、 はじめて国内が戦争に巻き込まれたアメリカ側の 手前勝手な言い分にすぎないからである。 襲撃したアルカイダ側からす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺人漫画 (2013) 韓国

[1032]もったいない。ソンギとソヒョンの話1本に絞ればけっこういい作品になったのに ★★★☆☆☆ 韓国映画界お得意の 面白くもなんともないホラー映画(笑)。 ビルの一室にあるWEB漫画編集室で、 真っ赤な血に染まった女性編集長の死体が発見された。 怖いよお~。 だから怖くもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こわれゆく女_2 (1974) アメリカ

[1031]この「病妻もの」のウラには、カサヴェテスの「演技論」が隠されている ★★★★★★ ニックは忙しい仕事の合間を縫い、 子供たちを遊ばせようと海へ行く。 なんで海なのかと思っちゃだめよ。 ここは少女ジュリアーナ(「赤い砂漠」)が、 救済に現れた無人の船を見、救済の歌を聞いた場所 なんだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こわれゆく女_1 (1974) アメリカ

[1031]こわれゆく女は白鳥たちが住めなくなった湖や川・森の悲鳴を聞いた ★★★★★★ 私の大好きなアメリカ映画(笑)。 小説の世界で言う「病妻もの」。 T・ウィリアムズの「ガラスの動物園」や、 島尾敏雄の「死の棘」、古井由吉の「杳子」などに一脈通じた作品。 ついでながら私の作品とも。 ごめん。私が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

少年は残酷な弓を射る (2011) イギリス

[1030]実際にこんな少年事件が起きるとこの映画はぶっ飛んでしまう ★★★★☆☆ ずいぶん以前に観たのだが、 途中で阿保らしくなって観るのをやめて、 でも手元に観るのなくなったから しょうがなくて最後まで頑張って観ることにして、 ほいでやっとなんとか無事に観終えることができた映画。 よし、偉い!{%万歳we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィスト・オブ・レジェンド (2013) 韓国

[1029]阿部なる男の顔を見て溜まった垢を少女チウで流そう! ★★★★★☆ 韓国映画、レビュー600本記念作品。 小山になってる目の前のDVDの中から、 自信をもって選びだした作品。 これは凄いよお。面白いよお。 仁川国際空港に阿部なる日本人が降り立つ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

縞模様のパジャマの少年 (2008) アメリカ/イギリス

[1028]米英人が他人の土俵を借りてつくるいい話、悲しい話にはうんざりだべ(笑) ★★★☆☆☆ 舞台は、第2次大戦下のドイツ。 8歳の少年ブルーノは、 軍人の父の仕事の関係で、住みなれたベルリンを離れ、 家族とともに、 周囲には家屋ひとつ見えない山中に引っ越す。 少年ブルーノの家族。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

四谷シモン展 横浜のつぶやき

22日(6月)、 四谷シモンの人形展が開かれている 横浜そごう美術館へ行った。 足は、自家用車。 ナビのせいで高速を降りたあと迷う。 同じ迷うなら自分の目で迷ったほうが余程ましだ。 迷いを楽しめるから。ナビくん、君やめようかな(笑)。 横浜そごうに入る。 なんだ、目の前のこの汚い川は(笑)。 6Fへ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

建築学概論 (2012) 韓国

[1027]ソウルとチェジュ島を舞台に描いた美しく切ないメロー・ドラマ ★★★★★☆ 風邪で寝てるときに観た作品。 細かいところは忘れてるかも。 ソウルの建築事務所で働いている まだ下っ端の建築士のスンミン(オム・テウン)は、 ある日、突然、美女の訪問を受ける。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

赤いアモーレ (2004) イタリア

[1026]ペネロペ・クルじゃ美しすぎてもうひとつ「赤いアモーレ」になりきれない? ★★★★☆☆ セルジオ・カステリットが 妻マルガレート・マッツァンティーニの作品を映画化したもの。 外科医ティモーテオ(セルジオ・カステリッ)トは、 妻エルサ、娘との三人暮らしである。 ある日、病院に重傷を負った若い女…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハナ 奇跡の46日間 (2012) 韓国

[1025]覚悟!怒涛の涙が押し寄せてくる、ピンポン南北統一青春映画! ★★★★★★ 目の前に50本近いDVDが積まれている。 今年に入って観たのに、 まだ書かれずにいる韓国映画だ。 はあ…、と、静かにして深~い溜息が漏れてしまう。 この子たちの運命はどうなるのだろう。 書かれずに終わってしまうのだろうか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最愛の大地 (2011) アメリカ

[1024]なにもわかってないくせに他人の土俵で映画を撮るなよ ★☆☆☆☆☆ ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーの監督第1作。 ちなみに彼女は俳優ジョン・ヴォイトの娘で、 現在のパートナーはブラッド・ピット。 物語は、俗に言う「サラエボのロミオとジュリエット」。 子どもが生まれたばかりの姉と アパ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ある愛へと続く旅 (2012) ヨーロッパ

[1023]与太者は言った、サラエボを語れるのはコメディアンだけだ、と。 ★★★★★★ 「赤いアモーレ」を撮った セルジオ・カステリット監督(イタリア)の作品。 ベストセラーになったマルガレート・マッツァンティーニという 作家の作品を映画化したもの。 ちなみにマッツァンティーニは なんとカステリット監督の奥さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more