テーマ:アジア映画

ココシリ (2004) 中国

[1198]中国最後の秘境・ココシリの民間山岳パトロール隊の姿を描いた傑作。 中国で「第6世代」と呼ばれている監督の一人、 ルー・チューアンがココシリを舞台に撮った作品。 実話に基づいている。 平均海抜4,700m。中国最後の秘境と言われているココシリ。 この地にはチベットカモシカが棲息している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台北に舞う雪 (2009) 中国/日本/台湾

[1174]生活的に苦しい状況の中で恋愛だけが主題になる事はあり得ない フォ・ジェンチイ監督が台湾を舞台に撮った青春ドラマ。 私は情報を入れずにいきなり観るタイプなので 観終わった後に知ったのだが、シナリオを書いたのは 何と日本人の田代親世という女性だったよ。 さて私の感想は…、後のお楽しみって事になるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空からの招待状_3 (2013) 台湾

[1172]繁栄は破滅の始まりと先人は教えた筈なのだが これは桃園の観音海岸。 海の色が真っ二つ。汚染水と本来の海水である。 汚染水を辿るとむろん河口。 カメラはあちこちの河川を辿ってみせる。 有毒物質は川の生物の生命を絶った。 むろん海だけでなく地をも汚染している訳だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空からの招待状_2 (2013) 台湾

[1172]繁栄は破滅の始まりと先人は教えた筈なのだが だが一方で映像は、 この島=台湾においても凄まじい勢いで自然破壊、 環境破壊が進行している事を映し出す。 豪雨に見舞われ、為す術もなく沈み込む養魚場と果樹園。 ここ30数年、地球温暖化の影響で 豪雨に見舞われる日が多くなったのである。 今年の台風の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

天空からの招待状_1 (2013) 台湾

[1172]繁栄は破滅の始まりと先人は教えた筈なのだが 監督のホウ・シャオシェンから 「天空からの招待状」なんていう招待状が届いたものだから、 何だろうと思って封を切ったら、 上空から台湾の地形、街などをつぶさに眺めた ドキユメンタリー映画だった(^^♪ しかしこれがまあ何とも素晴らしいドキュメントだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋恋風塵(れんれんふうじん)_2 (1987) 台湾

[1116]写真を出来るだけ活動させないようにして撮った稀に見る傑作 台北へ帰ると間もなくワンは兵役の通知を貰った。 ホンはシャツを作りワンに贈った。 ワンは故郷へ帰る電車を待った。 電車が来た。 ホンはホームで見送る事が出来ず、改札を走り出た。 父親はその夜、息子と一緒に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

恋恋風塵(れんれんふうじん)_1 (1987) 台湾

[1116]写真を出来るだけ活動させないようにして撮った稀に見る傑作 このところ夏バテで何もする気がしない。 そんな時はこの映画が良いのではないか、と思い観た。 私の好きな台湾映画「恋恋風塵」。 監督は候孝賢(ホウ・シャオシェン)。この人。 良い顔だねえ。暑苦しくなくて、 映画撮ってますという顔してな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

酔拳 (1978) 香港

[1096]ジャッキー・チェンの最高傑作。アホになってたんと笑おう(^^♪ ブルース・リー亡き後の香港カンフー映画を救ったのが われらがジャッキー・チェンのこの超おバカさん映画 「ドランクモンキー 酔拳」。 確か2番館に転じたいまは亡きわが中野光座で観た のではなかったと思うが、笑ったよなあ。 ゲタゲタ笑い過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少林サッカー_2 (2001) 香港

[1080]アホ万歳、アホこそ命だ、映画だ、映画の原点だあ~(^^♪ シンは仰天した。「おい、まるで火星人じゃないか」 ムイは返す、「どんな髪型がいいかわからず剃ったの」(^^♪ 「なぜ」「助けたいの」 「止せ。火星に戻れ。地球は危険だ」(^^♪ 「私を信じて。靴が破れてるわ。これ使って」 まんじゅう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少林サッカー_1 (2001) 香港

[1080]アホ万歳、アホこそ命だ、映画だ、映画の原点だあ~(^^♪ アジアのチャップリン、我等がチャウ・シンチーの、 面白すぎて顎外れ、卒倒、阿呆伝染等に要注意の映画(^^♪ この男、「デビルチーム」を率いる香港サッカー界の首領ハン。 昔々、サッカー選手。金で勝利を買うインチキ野郎。 この男、ハン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件 (2012) フィリピン

[1057]観る者を密林の中へ引きずり込むかのような途轍もないチカラを持った映画 ★★★★★★ 2001年5月、 フィリピン・パラワン島で「アブ・サヤフ」が起こした観光客20人誘拐事件を ドキュメントタッチで描いた映画。 サブタイトルで「21人誘拐」となっているのは、 フィクションの人物を1人、人質の中に加…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

危険な関係 (2012) 中国/韓国

[1053]ホ・ジノには原点に返って市井の小さなお話を描いてほしい ★★★★☆☆ 伊豆で地元のレンタル屋で借りて観た作品。 コデルロス・ド・ラクロ(仏)の原作小説の映画化。 好きだよなあ、みんな。何度目の映画化なんだろ? 舞台はパリから1930年代の上海へ。 女性実業家ジユが、プレイボーイで鳴らす社交界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋人たちの食卓 (1994) 台湾

[1051]小津安的な父と娘の香りが漂うアン・リー監督の絶品食 ★★★★★★ 「食卓」を通して家族を描いてみせた、 アン・リー監督の台湾時代の逸品。 舞台は、台北。 きょうも人々は明日に向かい、がんばって生きている。 路地にあるつましやかな一軒家。 妻を亡くしたチュ氏は、 この家で適齢期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命ある限り (2012) インド

[1050]若くしてすでに老いた若者には超おすすめのボリウッド映画だよ ★★★★☆☆ 数年前、 「踊るマハジャラ」を観てたらボリウッド灼熱にやられて 数日間寝込むはめになった。 そのことをすっかり忘れてしまってこれ観たら またしてもボリウッド灼熱にやられて寝込んでしまった。 今回は1日半ですんだのですこし助か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春香伝 (1980) 北朝鮮

[997]人形劇映画にすれば意外と世界的名作になったかも(笑)★★★★☆☆ 1980年に創られた北朝鮮の「春香伝」。 前後編あわせて155分という大作。 物語の展開は超々クラシック(笑)。 南原府使の若様・夢龍(モンニョン)は、広寒楼で、 妓生(キーセン)の娘・春香(チュニャン)に一目惚れする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七日間の恋人 (2012) 香港

[990]単純なロマンス・ドラマはいいね、俳優がいいと(笑) ★★★★★☆ 久しぶりに映画を観たよ。 まずいよねえ…。 え? それがコレか? うん、コレだよ(笑)。 お、オラがクォン・サンウが、オラがセシリア・チャンと共演だって! それも韓国に来てもらったんじゃなくて、中国に呼ばれたみたいだぜ。 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブエノスアイレス (1997) 香港

[965]レスリー・チャンの魔性とも言うべき身体表現にみんなで悩殺されようぜ ★★★★★★ もう観れないのかな、 と半ば諦めかけていたレスリー・チャンの作品。 数ヶ月ぶりにツ○ヤへ行ったら復刻版が出てたよ。 それだけで感激しちまったなあ。 こら、もっと早よ出さんかい{%ハート2webry%…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

黒社会 (1989) 香港

[963]創りは粗くて下手だけど心がちゃんと伝わってくるからオラ大好き(笑) ★★★★☆☆ ひさしぶりに観たら、 訛り懐かしき故郷に帰ったよな気分になったよ。 やっぱり故郷はいいなあ(笑)。 香港NO.1のヤクザ組織、クワン組のウラ入社式。 裸の付き合いをやろうぜ!って感じがグーだよねえ。 「後に続け …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国娘 (2009) 中国

[955]この映画の訳のわからなさこそもっとも中国的なのではないかと感動する(笑) ★★★★★☆ もっとも非中国的で、 それゆえにもっとも中国的な映画のように思える。 中国映画といえばすぐに チェン・カイコーやチャン・イーモウの映画が思い浮かぶが、 しかしかれらの映画は、 映画文法も、物語のつくり方も、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無言歌 (2010) 中国

[945]俳優のからだに国家という巨大な権力の「風景」が見えてくる ★★★★★★ 百花斉放百家争鳴…。 1956年から1957年にかけて毛沢東中国で行われた 「中国共産党に対する批判を歓迎する」 という政治運動である。 運動の発端は、 スターリンの後継者だったフルシチョフがスターリン批判をはじめた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運命の子 (2010) 中国

[871]チェン・カイコーが描く、運命の子と、その子を育てた二人の父の物語 ★★★★☆☆ チェン・カイコーの作品。 久しぶりだなあ。 司馬遷の『史記』に記されている 「趙氏孤児」を映画にしたのだそうだ。 舞台は、 約2600年前の中国・春秋時代、晋の国。 カイコーさん、セットに金かけとるのう(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海洋天堂 (2010) 中国

[848]ジェット・リーの心がそのまま表れている秀作 ★★★★★☆ 脚本が気に入り、 ぜひ出演させてほしい、ギャラはいらない とジェット・リーが申し出たという作品である。 水族館に勤めるワン・シンチョン(ジェット・リー)は、 ある日、21歳の息子・ターフー(ウェン・ジャン)を海へ連れて行き、 心中を図る。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

KAN-WOO 関羽 三国志英傑伝 (2011) 中国

[807]なんでチアン・ウェンに関羽をやらせないんだ、怒るよ(笑) ★★★☆☆☆ 韓国映画、最近また不発だしなあ。 よし、たまにはご無沙汰の中国映画はどうだ? お、ラウと一緒に「インファナル・アフェア」を撮った フェリックス・チョンじゃないか。 お、オラの大好きなチアン・ウェンじゃないか! 三国志の話だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女と銃と荒野の麺屋 (2009) 中国

[791]笑えるよ、中国の大荒野にある一軒の麺屋騒動。チャン・イーモウ健在なり。 ★★★★★☆ チャン・イーモウの作品を発見したので慌てて観た。 なんで慌てなきゃいけないのかわからないが…(笑)。 観終わって調べたらなんと、 コーエン兄弟のデビュー作「ブラッド・シンプル」の リメイクだった。 わっ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再会の食卓 (2010) 中国

[726]食卓は戦争で引き裂かれた夫婦たちの涙で濡れた ★★★★★☆ 「モンガに散る」は、 中国と台湾が行き来できるようになって、 台湾に中国のヤクザが入り込んだお話だったけど、 この作品は言ってみればその逆パターン。 元国民党の兵士だった男が、 台湾から中国・上海に一時帰郷するお話…。 上海に住…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モンガに散る (2010) 台湾

[724]これは風に靡く草のように生きたものたちへの哀切の歌だ ★★★★☆☆ 台湾映画はなぜか青春ものが多い。 事情はよく知らない。もしかしたら、 輸入されるものがたまたまそうなだけなのかもしれないが…。 この映画も青春ものだ、ヤクザもの絡みの…。 舞台は、1980年代の台湾、台北。 繁華街モンガに高校…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ふたりの人魚__後 (2000) 中国

[706]マス・イメージから逃走するためにロウ・イエが取った映画技法とは ★★★★★★ マーダーはバイク便をやりながらムーダンを探す。 で、たまたま入ったBARでムーダンに再会する。 ……ように見えるけど、ホントはうそ(笑)。 これは「僕」の策略。 僕がムーダンを「開心館」に行かせて、 メイメイに遭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたりの人魚__前 (2000) 中国

[706]マス・イメージから逃走するためにロウ・イエが取った映画技法とは ★★★★★★ 「天安門 恋人たち」を撮ったロウ・イエの作品。 2000年ロッテルダム国際映画祭のグランプリ受賞作。 久しぶりに観た。 やっぱり素晴らしい映画、大好き映画…(笑)。 観たのは訳がある。 最近の韓国映画、 マス・イメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラスト・ソルジャー (2010)

[700]ジャッキー・チェンとワン・リーホンのコンビに拍手したくなっちゃった ★★★★☆☆ ジャッキー・チェンが 原案、製作総指揮、主演をつとめた歴史活劇。 元前227年の戦国時代…。 衛(えい)の軍が梁(りょう)に侵攻するが、 梁の待ち伏せにあい、激闘の末、両軍とも全滅した。 そんな中、 梁の老…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天安門 恋人たち (2006)

[695]天安門事件を背景に描かれた恋人たちの美しくも哀しい物語 ★★★★★★ いまなお本国の中国では上映が禁止されている作品。 理由は、「音声と映像が非常に不鮮明」なため。 たしかにめちゃ悪い…(笑)。 が、実はあの64天安門事件(1989)の描写があるのと、 セックス描写が過激すぎるため…? そのシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more