テーマ:C・イーストウッド

ミリオンダラー・ベイビー (2004) アメリカ

[1086]マギーとフランキーの結末を非難する権利など誰にもない 「人生の特等席」とともに、 C・イーストウッドの後期作品の中で私が もっとも愛している作品。 舞台は、ロサンゼルスのあるボクシング・ジム。 ジムを経営しているのは、 止血係(カットマン)として活躍してきたフランキー・ダンという …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄島からの手紙 (2006) アメリカ

[1063]日本人俳優にたいする絶望感が怒涛のごとく押し寄せてくるので絶対観ないほうがいい(笑) ★★☆☆☆☆ 二度と観ないと決めてた映画なのだが、 「父親たちの星条旗」を観たのでしょうがなくて観ておこうかと。 やっぱり止めておけばよかったなあとすぐに後悔。 しかし…、しかし…、いちおう兄貴の作品だし、 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンジリング (2008) アメリカ

[1021]この映画を観てると「集団的自衛権」が狂気の沙汰以外の何ものでもないとよくわかる? ★★★★★★ 「奴らを高く吊るせ!」を観ているときに思い出したので 改めて観たC・イーストウッド監督作品。 1930年10月、 20人の子供たちを殺害したとして高く吊るされた男、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奴らを高く吊るせ! (1968) アメリカ

[1017]C・イーストウッドがハンバーガー西部劇を見限った記念碑的作品(笑) ★★★★☆☆ まずはご報告。 TOPの文字が読みづらいため、模様替えを行いました。 あまり気には入らないのですが、 CSSをいじれない素人だし(泣)。 私の兄貴、クリント・イーストウッドの主演作。 咳で寝込んでいるときに棚から引っ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マディソン郡の橋 (1995) アメリカ

[832]怒涛のごとく押し寄せるこの違和感はなにか? ★★★★☆☆ 超有名どころ、続々…(笑)。 私の兄、クリント・イーストウッドが、 西部劇埋葬曲「許されざる者」 (1992)を撮ったあと、 新たに踏み出した記念すべき第一作。 さっそく劇場に足を運び、観終わったあと 衝撃のあまりしばらく立ち上がれなかった…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

サンダーボルト (1974) アメリカ

[787]C・イーストウッドとマイケル・チミノの出会いが生んだ傑作 ★★★★★★ ごめんなさい。 ゴールデン期間前後ずって家を空けちゃってて…。 友人に書いた記事を何個かUPしてもらったものの、 レスが全然できませんでした。 帰ってくると稽古始まるし…(泣)。 レス、2、3日中にしますので すいません…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ヒア アフター (2010) アメリカ

[752]やや冗漫だが、マット・デイモンとセシル・ドゥ・フランスがいいよなあ ★★★★☆☆ オラが兄ちゃんのC・イーストウッドと、 スピルバーグのタッグ作品。 「硫黄島からの手紙」以来…。 タイトルからわかるように「死後の世界」のお話。 正確には、死後の世界のひとに会える霊能者、 死後の世界を見た女、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インビクタス/負けざる者たち (2009) アメリカ

[717]人間の心が通い合う姿ってやっぱり最高だよね ★★★★★☆ そう言えば、最近、映画を観て泣いた記憶ないな。 泣ける映画がいい映画とも限らないが、 久しぶりに泣いてみるか、健康のためにも(笑)、 と思って観たのがコレ…。 オレの兄貴C・イーストウッドと、 兄貴の最愛の友にして、私の超々お気に入りの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夕陽のガンマン (1965)

[639]こういう素晴らしい映画を観てると、これはローマ文化の遺産ではないのかと思ってしまう ★★★★★★ 観てないのよ、みんな、この名作。うん、若い座員。 だから見せた訳さ夕べ、稽古代わりに。 反応? おまえたちもけっこう映画観てるんだからさ、 何か持ってこいよ、と言ったら、 「こういう俳優たちを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

許されざる者 (1992)

[582]C・イーストウッドがセルジとドンに捧げた最後の西部劇に涙がホロリ ★★★★★★ わたしの兄、クリント・イーストウッドが、 亡きドン・シーゲルと セルジオ・レオーネに捧げるために撮った 最後の西部劇…。 ひさしぶりにVHSビデオで観たよ。 発売されたとき買ったもんだからさ、兄ちゃんのため。 画像悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラン・トリノ (2008) 

[520]グラン・トリノはC・イーストウッドのアメリカ的主題を生きてるのだ? ★★★★★★ おらが兄貴C・イーストウッドの監督・主演映画。 みんなが結構誉めてくれたので、 なんか嬉しくてこそばゆいというか照れくさいというか。(^^♪ おすぎさんなんか「神の手」が創った映画だなんて言ってくれちゃって。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ダーティーハリー (1971)

イーストウッドが師と慕うドン・シーゲルと組んだ傑作 クリント・イーストウッドは俺の兄貴だ。 つまり私は彼の弟。 ほんとなんだってばあ(笑)。 子どもの頃、あのデビョー作「ローハイド」を観て、 よし、このロディ兄ちゃん、俺の兄ちゃんにしようって決めたんだもん(笑)。 年齢差からいうと兄ちゃんという叔父さ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

続・夕陽のガンマン (1966)

[221]この最高峰のマカロニウェスタンを観ずして「奴奴奴」を語るなかれ……? で、出たあ、「奴奴奴」の本歌っ…!(笑) いやあ、ジャケット観てるだけでいいよねえ。 どう、この三人のすばらしき面構え…? おいら、うっとりだぜ…(笑)。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

クリント・イーストウッド__俳優・監督

■クリント・イーストウッド(アメリカ) 1930年5月31日 - 。 アメリカ合衆国カリフォルニア州、サンフランシスコ出身。 作品 1955年「半魚人の逆襲」 1955年「タランチュラの襲撃」 1956年「全艦発進せよ」 1956年「底抜け西部へ行く」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more