テーマ:おすすめ映画

毛の生えた拳銃 (1968) 日本

[1209]60年代を刻み込んだ大和屋竺のフリー・ジャズ映画に痺れる 『毛の生えた拳銃』1968年 70分  若松プロ 監督: 大和屋竺 製作: 若松孝二 企画: 若松孝二 脚本: 大山村人 (大和屋竺) 撮影: 伊東英男 音楽: 相倉久人 出演: 吉沢健   麿赤兒 大久保鷹 松田政男 佐藤重…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サンダカン八番娼館 望郷 (1974) 日本

[1200] 田中絹代の演技の素晴らしさが栗原小巻や監督には分かってるのかなあ(笑) いまでも鮮明に憶えている。 封切時に観た時、私は泣いて新宿の映画館を後にした。 感動したからではない。 なんだ、あの栗原小巻は。田中絹代が せっかく良い芝居をしてるのにバカにしやがって! と悔しさ、怒りが心頭に達して泣いたの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

炎の人ゴッホ_2 (1956) アメリカ

[1179]ゴッホ伝記として必見の映画、そして必読のレビュー(笑) 同年(1888年)5月、 高い宿賃を要求されて主人と喧嘩、 親切な郵便屋さんのお世話で外壁が黄色に塗られた あの2階建ての建物、「黄色い家」へと引っ越す(^^♪ 「アルルの寝室」1888年10月、アルル、油彩。 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎の人ゴッホ_1 (1956) アメリカ

[1179]ゴッホ伝記として必見の映画、そして必読のレビュー(笑) 1878年、我らがゴッホは様々な職を経験した後、 伝道こそ自分の生涯の仕事だ!と思い、 ベルギーのブリュッセルにある伝道師学校へ行き、 司祭としてボルナージュ地方の炭鉱町へと赴く。 廊下に座っているのがゴッホ。 登場した瞬間、うわっ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台北に舞う雪 (2009) 中国/日本/台湾

[1174]生活的に苦しい状況の中で恋愛だけが主題になる事はあり得ない フォ・ジェンチイ監督が台湾を舞台に撮った青春ドラマ。 私は情報を入れずにいきなり観るタイプなので 観終わった後に知ったのだが、シナリオを書いたのは 何と日本人の田代親世という女性だったよ。 さて私の感想は…、後のお楽しみって事になるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒い雨 (1989) 日本

[1114]ヒロシマと闘う事でしかヒロシマは描けない 井伏鱒二の「黒い雨」を今村昌平が映画化したもの。 久しぶりに観たのだが、 その間作品に手が加わり傑作になった! という訳にはなかなかいかない(笑)。 そこがちと完成してしまった映画の淋しい所と言える。 ちなみに演劇は「未完の芸術」と言われたものだが、 今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰郷 (1950) 日本

[1113]大仏次郎の引き揚げもの「帰郷」の映画化、若き日の津島恵子に乾杯(^^♪ 大仏次郎の小説「帰郷」を 大庭秀雄監督が映画化した1950年公開の作品。 その年のキネマ旬報ベストテン第2位だというので観たのだが、 50年はよほど不作だったのか。 そんな筈はないと思うけど、観る必要はなかったかも。 でもせっかく…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

黄色いからす (1957) 日本

[1112]ここに描かれている戦後の家族、夫婦、子供たち、近所の人たちを観てると心底ホッとするわな(^^♪ 「二十四の瞳」「ビルマの竪琴」「長崎の鐘」などを初め、 戦後、日本映画界は戦争の後遺症を描いた傑作を次々と 生みだして行った。 小品とは言えこの「黄色いカラス」もその一つだった。 初めて観たのは 親父が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と哀しみの果て_2 (1985) アメリカ

[1111]物語は大味だけどアフリカの風景はちょっといいかもよ(^^♪ 旅から帰ったデニスはある日、友人のコールを訪ねて驚く。 彼が黒死病に冒されて死期が迫っている事を告白したのだ。 傍には以前から彼の面倒を見ていたマサイ族の美しい女がいた。 コールが彼女と愛し合っている事も初めて知った。 やがてコール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と哀しみの果て_1 (1985) アメリカ

[1111]物語は大味だけどアフリカの風景はちょっといいかもよ(^^♪ 物語は1913年のデンマークから始まる。 裕福だが未婚であるカレン・ディネーセン(メリル・ストリープ)は、 友人のブロア・ブリクセン男爵に「便宜上の結婚」を申し込む。 ブロアは経済的に困っていたので申し込みに同意、 2人はアフリカへ移住して酪農…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絞殺 (1979) 日本

[1102]開成高校生殺害事件を下敷きに 核家族の崩壊を描いた新藤兼人の記憶すべき作品 「犯罪フィールドノート」と称して 実際に起きた事件を下敷きに作品を書き始めてから すでに40年近くの時間が流れた。 ちなみに書き始めは、友人の流山児祥がやっていた演劇団に書いた 「犬の町」という作品だ。 警官が女子大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひばりのサーカス 悲しき小鳩 (1952) 日本

[1091]聞けや歌え、15歳ひばりの戦後の悲しき歌声(^^♪ 父親が農林技師だというまり子は、 信州のあるミッション・スクールに預けられ、勉強をしていた。 学校では聖歌隊の一員だが、流行り歌が上手で、 先生たちに少女歌劇に入ったらと嫌味を言われていた。 ある日、 父親がセーターとお菓子を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギー藤田監督「代引き」

[1084] この映画の凄さは一言でいえば徹底した「緩さ」の中にある ギー藤田監督の14分という短編映画である。 「THE LOST RUMBLER」から一転、劇映画なのだが、 これがまたひじょうに面白くて私の超お気に入りである。 セキヤという男がいる。 この男である。 彼は六帖一間でほかの男三人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道頓堀川_2 (1982) 日本

[1082]バブル最盛期、深作はなぜこの作品で「戦後」を描いたのか さち子は店を田村へ返し、アパートを片づけ終わると、 工事現場で働いている邦彦を訪ねる。 そして150万は武内に返してもらったからとアパートへ誘う。 そして事情を話したあと言う。 卒業するまでの二年間だけでいいから一緒に暮らしたい、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道頓堀川_1 (1982) 日本

[1082]バブル最盛期、深作はなぜこの作品で「戦後」を描いたのか 宮本輝の「泥の川」「蛍川」に続く三部作・完結編ともいえる 「道頓堀川」を深作欣二が映画化したもの。 たしか松坂慶子を主演に初めて撮った作品。 例によって私のいい加減な記憶なので当てにしないでね(^^♪ 舞台は大阪ミナミの繁華街・道頓堀。時は現代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女 (1948) 松竹

[1067]戦後間もない庶民生活の一断面を鋭く描いてみせた若き木下恵介の傑作 久しぶりに近くのツタヤへ。 といっても自宅から10キロ近くあるんだよ。知らなかったでしょう。 え? 知るかそんなもん? ごめん(笑)。 で、邦画コーナーを覗いたら「ギョッ!」だよねえ。 懐かしのコーナーが新設されててズラッと並んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7番房の奇跡 (2013) 韓国

[1062]脇のベテラン俳優たちがいいから見れるが、いい人ばっかりになっちゃうとさ(笑) ★★★★☆☆ 「王になった男」を抜いて 韓国映画観客動員数第4位を記録したという映画。 知的年齢が6歳という知的障害のヨング(リュ・スンニョン)は、 女児誘拐・強姦殺人事件の容疑で逮捕され、収監される。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新約聖書 ~イエスと二人のマリア~ (2012)

[1061]聖母マリア、イエス、「悔悛した罪の女」マグダラのマリアを知る格好の手引書 ★★★★☆☆ 二部構成の新約聖書物語。 一部は、少女期のマリア、成人しての大工ヨセフとの出会い、 マリアの処女懐胎、イエスの誕生、エジプト避難までを描き、 二部は、成人したイエスが説教、伝道したのち、捕えられて ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンシング・クイーン (2012) 韓国

[1058]スキャンダルに巻き込まれたソウルとっべつ市長候補ジョンミンの逆転なるか? ★★★★☆☆ 5月、ゴホンゴホンと咳込みながら観た映画。 おらがファン・ジョンミンとオム・ジョンファの夫婦物語だべ。 昔々、ケンカばかりしてる男の子と女の子がいた。 男の子の名をファン・ジョンミンと言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険な関係 (2012) 中国/韓国

[1053]ホ・ジノには原点に返って市井の小さなお話を描いてほしい ★★★★☆☆ 伊豆で地元のレンタル屋で借りて観た作品。 コデルロス・ド・ラクロ(仏)の原作小説の映画化。 好きだよなあ、みんな。何度目の映画化なんだろ? 舞台はパリから1930年代の上海へ。 女性実業家ジユが、プレイボーイで鳴らす社交界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命ある限り (2012) インド

[1050]若くしてすでに老いた若者には超おすすめのボリウッド映画だよ ★★★★☆☆ 数年前、 「踊るマハジャラ」を観てたらボリウッド灼熱にやられて 数日間寝込むはめになった。 そのことをすっかり忘れてしまってこれ観たら またしてもボリウッド灼熱にやられて寝込んでしまった。 今回は1日半ですんだのですこし助か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しき世界 (2013) 韓国

[1049]イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミンが紡ぎだす圧巻のフィルム・ノワール ★★★★★☆ 待望ひさしい私のイ・ジョンジェ主演のフィルム・ノワール。 ジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェジョンジェ 共演に私のチェ・ミンシク…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

FLU 運命の36時間 (2013) 韓国

[1047]プンダン市民27万人が一致協力して作り上げたパニック映画の味は? ★★★★☆☆ 「呼吸器から感染、感染速度34人/秒、致死率100%。 史上最悪のウイルスが大韓民国を襲う」(照国山人) ヒエ~ッ、観たくないよお~! という鳥インフルエンザ級のパニック映画(笑)。{%笑いwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のオオカミ少年 (2012) 韓国

[1045]強引な物語作りに唖然とするが最後は泣かされてしまう困った映画(笑) ★★★★☆☆ 韓国内で700万人以上の観客を動員したという映画。 アメリカ在住の韓国人スニは、 数十年ぶりに祖国の地を踏み、江原道の村トゲを訪れる。 母親に譲られて、自分名義になっている家屋(別荘)の 処分を迫られたからだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔女と呼ばれた少女 (2012) カナダ

[1042]アフリカ的な風景は眺めているだけで癒される ★★★★☆☆☆ コンゴ紛争のさ中、 数奇な人生を辿ったひとりの少女の物語。 12歳の少女コモナの暮らす村は ある日突然、反政府軍の兵士たちに襲撃される。 反乱軍はコモナに銃で両親を殺害させ、 数人の子供たちと一緒に拉致する。 ゲリラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうひとりの息子 (2012) フランス

[1038]分離壁がイスラエル・アラブ戦争の絶望的な厳しさを感じさせる ★★★★☆☆ イスラエル軍の空爆で ガザ地区の死者が200人を超したという。 イスラエルのほうも初の死者? 書く前からもう気分がドーンと重いよね。 真っ暗。 よって簡単に書く。 DVDの返却時間が迫って画像を拝借できなかったから …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

私の隣の殺人者 (2010) 韓国

[1037]この傑作を前に私が口を噤みたくなった理由とは?(笑) ★★★★★☆ アルピニストの野口健なる人物が韓国で日本人差別を受け、 韓国を訪れる「日本人旅行者が減るのも無理はない」と、 ツイッターで不満をあらわにしたという。 差別の内容は…、 タクシーに乗ったら、日本人か、降りろ、 乗ったんだから運賃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女は自転車にのって (2012) サウジアラビア

[1036]映画館のないサウジアラビアに生まれた傑作 ★★★★★☆ サウジアラビアで初めて女性が撮った として話題になった映画。 ようやく観ることができた。 最初に感想を言っておくと、 小学生が書いた作文を素人がそのまま撮ったような、 ある意味ひじょうにつたない作品である。 が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年は残酷な弓を射る (2011) イギリス

[1030]実際にこんな少年事件が起きるとこの映画はぶっ飛んでしまう ★★★★☆☆ ずいぶん以前に観たのだが、 途中で阿保らしくなって観るのをやめて、 でも手元に観るのなくなったから しょうがなくて最後まで頑張って観ることにして、 ほいでやっとなんとか無事に観終えることができた映画。 よし、偉い!{%万歳we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィスト・オブ・レジェンド (2013) 韓国

[1029]阿部なる男の顔を見て溜まった垢を少女チウで流そう! ★★★★★☆ 韓国映画、レビュー600本記念作品。 小山になってる目の前のDVDの中から、 自信をもって選びだした作品。 これは凄いよお。面白いよお。 仁川国際空港に阿部なる日本人が降り立つ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more