テーマ:シン・ヒョンジュン

私の隣の殺人者 (2010) 韓国

[1037]この傑作を前に私が口を噤みたくなった理由とは?(笑) ★★★★★☆ アルピニストの野口健なる人物が韓国で日本人差別を受け、 韓国を訪れる「日本人旅行者が減るのも無理はない」と、 ツイッターで不満をあらわにしたという。 差別の内容は…、 タクシーに乗ったら、日本人か、降りろ、 乗ったんだから運賃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と悲しみのマリア (1997)

[560]海辺の民宿を舞台に繰り広げられる親子三代の性のコピーが哀しい ★★★★☆☆ 惜しいなあ、いい映画なのに…。 兄弟が海沿いで民宿をやっている。 韓国でも民宿なんていうのか知らないが…(笑)。 これがなかなかいい民宿なのよ、木造二階立ての、 風情があって…(笑)。 兄キテ(キム・サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の贈り物 (2007)

[531]男どもが泣く、これぞ由緒正しき韓国映画だっ! ★★★★☆☆ 久しぶりだなあ。 シン・ヒョンジュンとホ・ジュノ…! 嬉しかったよ~、感激したよ~…(泣)。 しかも二人がガップリ四つの作品だぜい…! ストーリー的にはちょっとベタかな、 途中で結末も見えちゃうよって感じなんだけど、 そんなの私には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・ガーディアンズ 退魔録 (1998)

[374]悪魔と退魔師の戦いなんだからソウル中が大騒ぎしてほしかった…?      蘇ろうとする悪魔と、      退魔師らの戦いを描いた      SFホラー作品…。      あとで知ったんだけど、      実際に韓国で起きた      新興宗教教団の      集団自死事件がヒントに       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家門の復活 (2006)

[299]このシリーズのパワーアップはどこから来るのよ…?      はははははっ…、      と大爆笑。      シリーズ3作目ともなると、      ふつうコケルんだけどさ、      マンネリしちゃって…。      でも、この「家門」シリーズ、      どんどんパワーアップして       …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

SSU (2002)

[297]シン・ヒョンジュンはこの映画の「蛸踊り」で演技に開眼した…?      ど、どうしたのよ、      シン・ヒョンジュン?      こ、これもいいじゃん…!(笑)      ジュン(シン・ヒョンジュン)と      テヒョン(キム・ヨンホ)という      竹馬の友の二人が、      離れられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家門の危機 (2005)

[287]シン・ヒョンジュンが可愛いくて爆笑できます…?      「大変な結婚」が      オモロかったので、      シリーズ第2弾?の      これも絶対オモロイに違いないって      睨んだんだよね。      だって天然ボケで?      俄然復活した       あのわれらがシン・ヒ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

達磨よ、ソウルに行こう! (2004)

[280]シン・ヒョンジュン、こういう軽くてバカっぽい男やるといいねえ…?      「達磨よ、遊ぼう!」の      続編なんだけど、      いやいや、意外だった。      びっくりした。      なにがって…?      シン・ヒョンジュンだよ、                   シン・ヒョン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

無影剣 (2005)

[241]面白い。「MUSA-武士」につづく傑作だね……? うん、韓国映画の中では、 めずらしく面白い歴史ものだったよ。 「MUSA-武士-」に匹敵するじゃないの…? なんていうと言い過ぎかもしれないけど(笑)、 これくらいだと観てよかったあって思うよね…。 いきなり「渤海」なんて飛び出すから、 ム…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ガン&トークス (2001)

[150]う~ん、全体的に散漫になってない……?      まあ、まあ、面白かった。      でも期待してたほどじゃなかったなあ……。      トップシーン、殺しの依頼を受ける。      ラスト近く、その依頼主は      四人が毎日うっとり眺めてた      女性ニュースキャスターだとわかる。   …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

家門の災難 (2011) 韓国

[861]家門一族に代わって九州生まれのおらが博多をガイドしよう(笑) ★★★★☆☆ ※重複記事です おらの大好きな「家門シリーズ」第4弾。 驚くなかれ、こんどはなんと日本・福岡が舞台だったよ! 「母の手食品」会社で製造しているキムチの 日本での売れ行きが落ちた。 日本国内の会社が、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太白山脈 (1994)

※この記事は「テーマ」設定の都合により重複しています。 [182]人間はイデオロギーを超えられるのか……?      日本軍から解放されたあとの      48年から50年にかけて、      羅南道の田舎町ポルギョで起きた      パルチザンと右翼(政府軍)の闘いを      描いた作品……。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地上満歌 (1997)

※この記事は「テーマ」設定の事情により重複しています。 [090]これまた必見、笑えて悲しきイ・ビョンホン……! 舞台の場合もそうだけど、 冒頭のシーンを5~6分観るだけで、 面白い映画か、面白くない映画か、まあ、およそ見当がつく。 その基準は映像の良し悪しと、カットをつなぐリズムというか、呼吸。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白夜 (1998)

[371]このドラマをビョンホンとイ・ウンジュでもう一度観たい…! (重複記事)      強引に      時間をつくって観ました…(笑)。      「オールイン」の時も      そうだったけど、      なんといっても      舞台のスケールの壮大さに      圧倒されるよねえ…。 北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀杏のベッド (1996)

[154]物語を具現化する方法がわかってないんじゃないかなあ……? (この記事はテーマ設定の事情により重複しています)      う~ん、      「燃ゆる月」よりはいいかなあ      とは思うけど、      やっぱりわたしにはだめだったなあ……。      そんな出来事ありえないよ、      荒唐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将軍の息子3 (1992)

[338]下層で生きる人間たちの肌合いとこころを描くイム・グォンテク…。 (この記事はテーマ設定の事情により重複しています)      この3部は、      まとわりつく刑事を      半殺しにした金斗漢が、      ウォンサン(元山)に      逃亡したところから始まる。      さらにウォンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将軍の息子2 英雄武闘伝説 (1991)

[337]浮浪孤児・金斗漢の全容を一瞬にして演じてみせるパク・サイミン…! (この記事はテーマ設定の事情により重複しています)      この映画の      もうひとつの見所は、      いうまでもなく      金斗漢を演じる      俳優パク・サイミンだ…!      驚いたことに初出演で、  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将軍の息子1 (1990)

[336]イム・グォンテク監督のひたすらまっすぐな映画ごころに打ちのめされた…? (この記事はテーマ設定の事情により重複しています)      韓国の英雄      キム・ドゥハン(金斗漢)の      波乱万丈の人生(青年期)を描いた      3部作の第1作。      イム・グォンテク監督の      大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ヒョンジュン__俳優

■シン・ヒョンジュン(韓国) 1968年10月28日、ソウル生まれ。 映画 1990 若き日の肖像  1990 将軍の息子  1990 コクチタン  1991 将軍の息子2  1992 将軍の息子3  1993 おせっかいはNO,愛はOK  1994 太白(テ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more