テーマ:ユ・ジテ

シークレットラブ~密愛~ (2010) 韓国

[988]ユ・ジテの怪奇ラブ・ロマンス!(笑)作家は下手でもいいの、小手先に走っちゃだめ。★★★☆☆☆ ユ・ジテが挑んだ1人2役の怪奇ラブ・ロマンス! の一言で終わりそうな映画?(笑) 翻訳家のハ・ヨニ(オ・ウジョン)は、 山で出会った「運命の人」と結婚する。 これはその結婚式のビデオ。 左がその運命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファン・ジニ (2007) 韓国

[780]妓生ソン・ヘギョと盗賊ユ・ジテの心中物語には「朝鮮」の真髄が溢れてる! ★★★★★★ ドラマの評判は耳にしていた。 映画版があることも知っていた。 が、ユ・ジテが出てることは知らなかった。 知ったときには、よく行くレンタル屋の棚から消えていた。 おにょれ~! と歯軋りした(笑)。 で、たまたま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

純情漫画 (2008) 韓国

[720]照れもなくこういう純情劇を創ってみたくなっちゃった(笑) ★★★★★★ ようやく公演が終わった。 くたくた…、チカラが残ってない。 私のやりたいことはもうできないのかも…。 ともあれ映画を観たい。 と、レンタル屋に駆け込んで借りてきたのが、 この、ユ・ジテ主演の「純情漫画」。 観たかったんだよな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リメンバー・ミー (2000)

[629]キム・ハヌルの作品の中ではいちばん抵抗少なかったかも? ★★★★☆☆ 観るの、どうしよう…、と、ずっ~と棚で眠っていた作品。 なんでか? だってキム・ハヌルなんだぜ、主演…。 でも、これユ・ジテも出てるんだよなあ。 う~ん、しょうがないなあ、ホントに。ボ~ッと観るか。 韓国映画のストックもほと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノートに眠った願いごと (2006)

[628]ユ・ジテには秋の日の風景がよく似合う、と乙女チックに(笑) ★★★★☆☆ タイトルに臆して長いこと手を出さなかった作品…(笑)。 韓国映画はタイトルで判断しちゃだめだ! なんて、とっくに判っているはずなのに 相変わらず生理がこだわってしまう私…(笑)。 うん、言葉の刷り込みって抜けないよね。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Mirror 鏡の中 (2003)

[623]オタク的世界をやらせたらユ・ジテの右に出るものはいないかも ★★★★☆☆ お正月に観た作品…。 溜まってるね(笑)。 「ナチュラル・シティ」がすごく面白かったので。 お目当てはもちろんユ・ジテ。 あの情けなさそうな眉にけっこう嵌ったのかも…(笑)。 うん、俳優(人間)ってすごいよね。 俳優(…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ナチュラル・シティ (2003)

[622]ドール・リアを愛する捜査官Rの気持ちがよくわかる? ★★★★★☆ いま大学は試験期間…。 私は試験はやらないのだが、 代わりに書かせた作品をどっさり持ち帰り、 読んで成績をつけてる最中…。 これ、毎年けっこう大変なのよ(笑)。 なので大作「砂時計」のほうは 終わるまでちょっとお休み~…{%泣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイ・ジュン さらば愛しき人 (1998) 

[521]この映画、観るの、なんで途中で何度も挫折したんだろ? ★★☆☆☆☆ 1度目、観るの、途中で挫折…。 2度目、おなじく途中挫折…。 そして3度目…、うん、頑張って、ついに最後まで観たよ(笑)。 面白かったかどうか聞かないでね(笑)。 3度も挑戦したのは、ユ・ジテのデビュー作で、 監督、俳優、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アタック・ザ・ガスステーション!(1999)

[484]ゲッ、いまをときめく有名スターが勢揃いだあ、オールスター戦だあ……? 青春アクション・コメディ…。 ひまを持て余した4人の若者が、 金をぶん取ったガソリン・スタンドをまた襲撃する。 でも社長はこんどは金を隠してて出さない。 で、4人はガソリン・スタンドを乗っ取り、 給油で稼ごうとする…? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しき野獣 (2005)

[358]クォン・サンウに韓国俳優の究極を見た クォン・サンウ、すっげえなあ! 「マルチュク青春通り」や「火山高」観たとき、 格別秀でてるって印象は抱かなかったんだけど、 いやあ、この作品のクォン・サンウはすげえ。 義弟を殺され、母を殺されたチャン刑事(クォン・サンウ)が、 タイトル通り「野獣」と…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

オールド・ボーイ (2003)  ※重複記事

[096]パク・チャヌクは進化する……? 数年前に一度観ているんだけど、 やっぱり面白い映画だよなあと感心した……。 カンヌ映画祭でタランティーノが激賞したのもよくわかるよな。 いかにもタランティーノ好みの映画って感じだし、 そう言ってよければもう「キル・ビル」の世界そのものだもんね……(笑)。 サス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リベラ・メ (2000)  ※重複記事

[229]ヒスが「リベラ・メ(私を救って)」って言ってるんだから少しは救ってあげないと……?      「リベラ・メ」はラテン語で、      「私を救って」      という意味らしいんだけど、      けっこう面白かったかも…。      物語は一言でいうと、      知能放火犯と消防隊員の攻防戦…? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女は男の未来だ (2004) ※重複記事

[278]ホン・サンスはなぜドラマを画面の外に追い出すのか……?      ホン・サンス監督の作品は、      「秘花~スジョンの愛~」      「気まぐれな唇」に続いて      3本目なんだけど、      私にはこの作品が      一番面白かったかも…。 アメリカから帰国したばかりの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極日誌 (2005)  ※重複記事

[343]昼に始まって夜に終る物語の構成も面白いし、南極の映像もお薦め…?      南極を舞台にした映画で      おもしろいのあったかなあ。      ジョン・カーペンターの      「遊星からの物体X」(1982)くらいしか      思い出せないんだけど…。      まして韓国の南極ものだし(ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の日は過ぎゆく (2001)  ※重複記事

[341]去ったバスと女は追うもんじゃない、と祖母ちゃんが教えてくれた…?      傑作との誉れ高い      ホ・ジノ 監督の      「八月のクリスマス」に続く      第2作目。      ようやく発見したので      すぐに観たのだが、                    いやあ、噂に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユ・ジテ__俳優

■ユ・ジテ(韓国) 1976年4月13日生まれ。身長187cm、体重74Kg。 映画 2008年 『純情漫画』 2007年 『黄真伊』 2006年 『秋へ』 2006年 『美しき野獣』 2005年 『南極日記』 2004年 『女は男の未来だ』 2003年 『オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more