テーマ:イングマール・ベルイマン

冬の光 (1962) スウェーデン

[1185]自然と核の脅威を前に沈黙する神を描いたベルイマンの名作 「鏡の中にある如く」「沈黙」とともに ベルイマンの「神の沈黙」三部作と言われている作品。 なのだが、ベルイマンの作品のほとんどは神の沈黙を 主題にしているんじゃないの、というのが私の単純な感想。 しかしコレはいいよ、凄いよ、映像が。 ベルイマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇の卵_2 (1977) ドイツ

[1115]ナチ・ヒットラー誕生の背景をドイツ表現主義を駆使して描いた大傑作 アランはハンスのお蔭で仕事にありつく。 病院の資料の整理だ。 マヌエラは医療着などのクリーニング。 部屋へ戻るとまたアベルにモーターの音が聞こえる。 彼の頭が割れる、彼はイラつく。 これは罠だ、自分たちは監視され…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

蛇の卵_1 (1977) ドイツ

[1115]ナチ・ヒットラー誕生の背景をドイツ表現主義を駆使して描いた大傑作 イングマール・ベルイマンが 脱税を疑われて本国スウェーデンに嫌気が差し、 ドイツで、アメリカ資本で撮った1977年の作品。 作品の資料をとあるサイトを覗いたら そんな事が書いてあった。え~!とオラはぶっ魂消た。 作品は以前に観て…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

処女の泉_2 (1960)  スウェーデン

[1079]神の沈黙と人間の信仰を問うベルイマンの記念碑的作品 復讐を終えた夫テーレは神に祈る。 「神よ、許したえ」と。 妻メレータはまだ幼い少年を胸にかき抱く。 許しを乞うかのように。 小屋を出た彼らはすぐにカリンの亡き骸を探しに向かう。 途中、メレータは夫に告白し、インゲリ同様、わ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

処女の泉_1 (1960)  スウェーデン

[1079]神の沈黙と人間の信仰を問うベルイマンの記念碑的作品 超難解で知られるわがイングマール・ベルイマンの 超わかりやすい映画。 こんなにわかりやすくていいのかあ!と怒りたいほど。 ある意味だけどね。あくまである意味(^^♪ 脚本は女流作家ウラ・イザクソンで、スウェーデンの エステルイェートランド地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の風景 (1992) ヨーロッパ

[893]私がベルイマンの描く母と娘の愛憎劇に惹かれるのはなぜだろ? ★★★★★☆ 敬愛する イングマール・ベルイマンが書いた自伝的な脚本を ビレ・アウグスト監督が撮ったもの。 もともとテレビドラマらしく、 それを劇場映画用に再編集したらしい。 180分という長尺だが、 テレビドラマはもっと長かったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHAME 恥 (1966)

[516]荒れ狂う暴風雨と闇に閉ざされた世界へ飲み込まれていく方舟 ★★★★★★ 偏愛するイングマール・ベルイマンの作品…。 ブログを始めなかったら、 2度と手にしなかったかもしれない作品(笑)。 というのは冗談だが、 それくらい観るものに不親切というか過酷というか…(笑)。 そこがいかにもベルイマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不良少女モニカ (1952)

[463]一切もの言わぬこの映画に雷にでも打たれたかのような衝撃を受けた…? 私がはじめて観たイングマール・ベルイマンの作品。 1952年の作品なんだけど、 観たのは高校生の頃だったのか あるいは学生の頃だったのかなぜかあまり記憶にない。 ことばを失うほどの衝撃を受けた…、 それだけが鮮烈な記憶と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

狼の時刻 (1966)

[448]ベルイマンがゴッホ好きの私のために作ってくれた作品…? ベルイマン…。 わたしがこのうえなく愛した監督のひとり。 20代~30代、ほんとによく観たなあ…。 そのせいかな…? 状況劇場のお手伝いしてるときに知り合った オランダ出身のジャーナリスト・イワンてのがいて、 そのイワンが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングマール・ベルイマン__監督

■イングマール・ベルイマン (スウェーデン) 1918年7月14日 - 2007年7月30日。 スウェーデンの映画監督・脚本家・舞台演出家。 生涯 イングマール・ベルイマンは1918年7月14日にウプサラ(ストックホルムから60km)で生まれた。ベルイマン家は16…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more