テーマ:カン・ウソク

フィスト・オブ・レジェンド (2013) 韓国

[1029]阿部なる男の顔を見て溜まった垢を少女チウで流そう! ★★★★★☆ 韓国映画、レビュー600本記念作品。 小山になってる目の前のDVDの中から、 自信をもって選びだした作品。 これは凄いよお。面白いよお。 仁川国際空港に阿部なる日本人が降り立つ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホームランが聞こえた夏 (2011) 韓国 

[818]「黒く濁る村」の汚名を挽回すべく創りあげたカン・ウソクの傑作に大感動したよ ★★★★★★ カン・ウソクともあろうものが、 なんでこんな愚作を撮ってしまったのだあ! と私を嘆かせた前作「黒く濁る村」。 超愚作なのに、 あらま、なぜか不思議とクリックが多い「黒く濁る村」。(爆) しか~し、しか~し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カン・チョルジュン 公共の敵1-1 (2008) 韓国

[757]親鸞は言った、作為を施すな、と。カン・ウソクはそれを実行した! ★★★★★★ ひさしぶりに面白い韓国映画を観た! って感じ…(笑)。 面白いのはあるんだけどさ、 そのほとんどがインディーズ系。 メジャー系はほんとだめになっちゃったね…(笑)。 笑ってるけどさ、心の中じゃ泣いてんだぜ、オイラ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

韓半島_2 (2006) 韓国

[740]韓国の100年を直裁に描いてみせたカン・ウソクの傑作 ★★★★★★ 国印発見の報が入ると、 総理のクォン・ヨンファンが輸送安全のため 国家情報院に協力を要請。 クロサワ外相は、文書確認のため別室で待機することになった。 輸送担当者として発掘現場に現れたのはサンヒョンだった。 サンヒョンは、博士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓半島_1 (2006) 韓国

[740]韓国の100年を直裁に描いてみせたカン・ウソクの傑作 ★★★★★★ 以前から渇望していたカン・ウソクの作品が、 ようやく日本に上陸した。 が、疑惑は消えない。 2006年の作品がなぜ今頃…? 日本の国家的陰謀のせいではなかったのかっ! 結論を先に言えば、ド迫力、ド圧巻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒く濁る村 (2010)

[692]韓国映画は自分たちの生きている場所から離れはじめた? ★★★☆☆☆ タイトルの「黒く濁る村」から想像つくように、「悪魔を見た」系。 ミステリー・サスペンスで、ホラーとまではいかないんだけどさ。 製作も2010年…、ほんと、どうなってんだべ、韓国…? で、観終わったあとデータを調べていたら、ありゃま! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルミド/SILMIDO (2003)

※この記事は「テーマ」設定の事情により重複しています。 [124]バラエティに富んだキャスティングに盛大な拍手を……?     この映画、3度目。     初めて観たのは3年くらい前……?     ほかの韓国映画観はじめて     俳優の顔がすこしずつわかってきたせいか、     なんだか以前と違って     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共の敵 (2002)

[123]ユ・ヘジン観るだけで損しない……? (この記事はテーマ設定の事情により重複しています)    うん、なかなか面白いんだけど、    長すぎるぜ……(笑)。    長く感じるのはたぶん、    物語の主線が曖昧というか、    細すぎるからじゃないかな。    ギュファン(イ・ソンジェ)の両親殺害と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共の敵2 あらたなる闘い (2005)

[118]しっかりした、ちょい下町風人情ドラマ……? (この記事はテーマ設定の事情により重複しています)    物語の割にはちょっと    長すぎる気がしないでもないが、    けっこう面白くて退屈しないで観ちゃった……。 古きよきテレビドラマ「太陽に吠えろ」みたいな感じ……? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カン・ウソク__監督

■カン・ウソク(韓国) 1960年、慶尚北道キョンジュ(慶州)市で事業をする父と映画狂の母の 3男2女中末っ子として生まれる。 母の影響で映画館街に出入りし,高校2年頃から映画監督になろうと考えていた。 両親の勧めで成均館大学英文学科に進学したが,映画に対する渇望から中退する。 チョン・ジヌ,チョン・イニョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more