テーマ:イングリッド・バーグマン

カサブランカ (1942) アメリカ

[1090]登場する男たちがカッコ良さを競うその訳は? 私より上の世代に圧倒的に人気のあった名画。 1942年に製作された作品で、 徹底的にアメリカが理想化されて描かれている。 な、な、何もここまでやるこたねえだろう、 と私などはつい笑ってしまうが、 ラブロマンスとしては結構面白い。好き。 何より私のイング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリエント急行殺人事件 (1974) ヨーロッパ

[907]小説を書くコツは言葉で説明をしないこと、描写すること、行動を書くこと!(笑) ★★★★☆☆ そうかあ、74年の作品になるのかあ。 公開当時、面白そう!と映画館に駆け込んだんだけど、 ちっとも面白くなくてさあ(笑)。 以来、2度目なんだよねえ。 面白くないのになんでまた観たのか? いま観ると面白…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ガス燈 (1944) アメリカ

[904]ハリウッドのスター主義と闘うイングリッド・バーグマンの名作(笑) ★★★★★☆ イングリッド・バーグマンが 初のアカデミー主演女優賞に輝いた作品。 続くねえ、懐かしの名作ひとり旅。 ロンドンからイタリアへ声楽の留学にやってきたポーラは、 作曲家グレゴリーに恋をし、声楽を捨てて結…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

別離 (1939) アメリカ

[886]ラブロマンスは性格をひっくるめて見た目がすべてだとおらは思う(笑) ★★★★★☆ お正月に観て編集室に溜まっていた映画。 漢字二文字の、昔の名画。 さほど面白い!という名画だとは思わないが、 思い出したようにたま~に観ている作品。 若くて美しいイングリッド・バーグマンに ボーッと見惚れるし、ち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イタリア旅行 (1953) イタリア ※重複記事

[877]夫婦の危機にある人たちは古代ローマ・ギリシャを観光しよう、救われるから(笑) ★★★★★☆ 世紀の女優イングリッド・バーグマンが、 ハリウッドのエンタメに飽き足らず、 ロベルト・ロッセリーニのもとへ走り、撮った中の1本。 あのゴダールに 「男と女と一台の車とカメラがあれば映画ができる!」 と豪語さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不安 (1954) ※重複記事

[311]バーグマンとロッセリーニのせめぎう「強情」が創りあげた名作…?      書く前に      バーグマンとロッセリーニの      略年表つくってたんだけど、      いやいや、      自分でもびっくりだよ。      バーグマンの映画、      ほとんど観てるんだもんねえ…。 同時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングリッド・バーグマン__俳優

■イングリッド・バーグマン(スウェーデン) 1915年8月29日-1982年8月29日 作品 1934年「ムンクブローの伯爵」 1935年「スウェーデンイェルム家」 1935年「ワルプルギスの夜」 1936年「間奏曲」 1938年「ドル」 1938年「女の顔」 1938年「一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more