テーマ:シム・ウナ

美術館の隣の動物園 (1998)

[139]マンガをやるには飛躍が必要なんだけど……?      タイトルちょっと面白そうだったし、      なによりシム・ウナだし、      いけるかな……?と思ったんだけど、      だめだったなあ。      イマイチ……。      そう言えばこの映画すすめてくれたひと      いなかったなあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カル (1999)

[055]シム・ウナを観たくて、つい……。 この映画は2度目なんだけど、 「八月のクリスマス」でシム・ウナを観たら、 やっぱりいいよなあ、彼女……、 と思って、ついつい、また観てしまいましたねえ。 やっぱりいい女優さんだよなあ。 男にいつもつかず離れずの距離にいるから、 「もっとそばにおいでよ」って、 男…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

八月のクリスマス_2 (1998) ※重複記事

観るものを光と影の間(淡い)へ誘うホ・ジノ監督の記念碑的作品。 (2008/01/05にUPした記事に補筆) 翌日もタリムは仕事帰りに写真館へ行った。 しかし写真館の看板は消えていた。 友達のアパートへ泊り、聞いてみた。 この部屋は幾らくらいで借りられるのかと。 「おじさん」となら一緒に暮らしても…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

イ・ジェスの乱 (1999)

[508]これまで観てきた韓国の史劇の中では文句なしにNO1だよ ★★★★★☆ ※重複記事です 日本ではDVD化されていないようなので、 観るのすっかり諦めていた イ・ジョンジェ、シム・ウナ共演の「イ・ジェスの乱」。 日ごろの行いがよいせいか(笑)、 この夏、突然、天から私のもとへ舞い降りてきたんです。 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八月のクリスマス_1 (1998) ※重複記事

観るものを光と影の間(淡い)へ誘うホ・ジノ監督の記念碑的作品。 (2008/01/05にUPした記事に補筆) 韓国映画の流れを変えたホ・ジノ監督の名作。 韓国映画はそれまでヨーロッパ映画をモデルにしていたんだけど、 この映画をきっかけに、民主化を終えた韓国の人たちは 自分たちの生活を自分たちの手で映画にし始…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

白夜 (1998)

[371]このドラマをビョンホンとイ・ウンジュでもう一度観たい…! (重複記事)      強引に      時間をつくって観ました…(笑)。      「オールイン」の時も      そうだったけど、      なんといっても      舞台のスケールの壮大さに      圧倒されるよねえ…。 北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シム・ウナ__俳優

■シム・ウナ(韓国) 1972年9月23日、テジョン(大田)広域市生まれ、京畿道 ヨンイン(龍仁)育ち。 165cm、46kg。 ソンイル女子高校卒業。チョンジュ(清州)大学 韓国舞踊科中退。 1993年、MBCタレント第22期。 1995年、映画デビュー「サランヘヨ あな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more