テーマ:アメリカ映画

アンジェラの灰 (1999) アメリカ/アイルランド

[1203]映像の美しさと、超貧乏物語を生きてみせる俳優陣に拍手 「ミッドナイト・エクスプレス」 (1978)等で知られる監督、 アラン・パーカーがアイルランドを舞台に撮った 貧乏極北家族の物語(^^♪ 時は世界的大恐慌が吹き荒れた1930年代。 アイルランド独立戦争を戦ったマラキ(ロバート・カーライル)は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎の人ゴッホ_2 (1956) アメリカ

[1179]ゴッホ伝記として必見の映画、そして必読のレビュー(笑) 同年(1888年)5月、 高い宿賃を要求されて主人と喧嘩、 親切な郵便屋さんのお世話で外壁が黄色に塗られた あの2階建ての建物、「黄色い家」へと引っ越す(^^♪ 「アルルの寝室」1888年10月、アルル、油彩。 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎の人ゴッホ_1 (1956) アメリカ

[1179]ゴッホ伝記として必見の映画、そして必読のレビュー(笑) 1878年、我らがゴッホは様々な職を経験した後、 伝道こそ自分の生涯の仕事だ!と思い、 ベルギーのブリュッセルにある伝道師学校へ行き、 司祭としてボルナージュ地方の炭鉱町へと赴く。 廊下に座っているのがゴッホ。 登場した瞬間、うわっ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレファント_3 (2003) アメリカ

[1167]これがアメリカと日本の学校に於ける子供たちの現実 エリックが食堂へ現れた。 エリックがアレックスに「どうだったか」と聞く。 アレクスが立ちあがり「まあまあかな。そっちは?」と返す。 エリックが「校長と何人かやったよ」と答えた次の瞬間、 エリックは飛んできた銃弾で斃れた。 アレッ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

エレファント_2 (2003) アメリカ

[1167]これがアメリカと日本の学校に於ける子供たちの現実 ミシェルが廊下を歩き図書館へと向かう。 廊下ではカメラを手にしたイーライが 父親の車へ向かおうとするジョンに声をかけ、彼の写真を撮る。 ミシェルの足が小走りになる。 アレックスがシャワーを浴びていると、 「今日死ぬんだよな」と言いながら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

エレファント_1 (2003) アメリカ

[1167]これがアメリカと日本の学校に於ける子供たちの現実 現在のアメリカ映画界の中で私が信頼している 数少ない監督のひとり、ガス・ヴァン・サントの作品(^^♪ 1999年4月20日、コロラド州ジェファーソン郡の コロンバイン高校で起きた虐殺事件を下敷きに描いたもの。 空―。雲が湧く。雲が流れる。…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

愛と哀しみの果て_2 (1985) アメリカ

[1111]物語は大味だけどアフリカの風景はちょっといいかもよ(^^♪ 旅から帰ったデニスはある日、友人のコールを訪ねて驚く。 彼が黒死病に冒されて死期が迫っている事を告白したのだ。 傍には以前から彼の面倒を見ていたマサイ族の美しい女がいた。 コールが彼女と愛し合っている事も初めて知った。 やがてコール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と哀しみの果て_1 (1985) アメリカ

[1111]物語は大味だけどアフリカの風景はちょっといいかもよ(^^♪ 物語は1913年のデンマークから始まる。 裕福だが未婚であるカレン・ディネーセン(メリル・ストリープ)は、 友人のブロア・ブリクセン男爵に「便宜上の結婚」を申し込む。 ブロアは経済的に困っていたので申し込みに同意、 2人はアフリカへ移住して酪農…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコ (1960)

[1094]母と息子の棲むこの館をあなたは覗く勇気があるか(^^♪ ヒッチコック作品の中で私の一番好きなやつ。 私の超好きなアンソニー・パーキンス主演ということも あるんだろうけど(^^♪ サイコ・サスペンス。 舞台はアリゾナ州の町ファーベル。 不動産会社で働くマリオン(ジャネット・リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カサブランカ (1942) アメリカ

[1090]登場する男たちがカッコ良さを競うその訳は? 私より上の世代に圧倒的に人気のあった名画。 1942年に製作された作品で、 徹底的にアメリカが理想化されて描かれている。 な、な、何もここまでやるこたねえだろう、 と私などはつい笑ってしまうが、 ラブロマンスとしては結構面白い。好き。 何より私のイング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミリオンダラー・ベイビー (2004) アメリカ

[1086]マギーとフランキーの結末を非難する権利など誰にもない 「人生の特等席」とともに、 C・イーストウッドの後期作品の中で私が もっとも愛している作品。 舞台は、ロサンゼルスのあるボクシング・ジム。 ジムを経営しているのは、 止血係(カットマン)として活躍してきたフランキー・ダンという …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェーン (1953) アメリカ

[1085]古き良きアメリカ映画に最高のワインで乾杯を♬ 「シェーン、カムバック~!」 懐かしいよねえ(^^♪ 初めて観たのはいつだったんだろう。 リバイバル上映で名画座の小さなスクリーン。 映像がほんとに綺麗だったので大スクリーンで観たい! って思ったのをよく憶えてる。 が、いまだ念願叶わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄島からの手紙 (2006) アメリカ

[1063]日本人俳優にたいする絶望感が怒涛のごとく押し寄せてくるので絶対観ないほうがいい(笑) ★★☆☆☆☆ 二度と観ないと決めてた映画なのだが、 「父親たちの星条旗」を観たのでしょうがなくて観ておこうかと。 やっぱり止めておけばよかったなあとすぐに後悔。 しかし…、しかし…、いちおう兄貴の作品だし、 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャリー (2013) アメリカ

[1055]ただただおぞましいだけの「キャリー」はアメリカの現在をよく表わしている ★★☆☆☆☆ 伊豆で観た、1976年「キャリー」のリメイク版。 最悪。 まったく期待しないで観たので かろうじて瀕死の重傷を負わずにすんだものの、 私の大好きな映画をめちゃめちゃにしやがって! と怒りまだ収まらず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰らざる河_3 (1954) アメリカ ≪モンロー特集≫

[1046]M・モンローの人生そのものを描いたオットー・プレミンジャー監督に感謝する ★★★★★★  モンローはディマジオと離婚するとニューヨークへ移り住み、 リー・ストラスバーグが主宰するアクターズ・スタジオで演技の指導を受ける。 「セックスシンボルを脱するため」だったと言われている。 「セックスシ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

帰らざる河_2 (1954) アメリカ ≪モンロー特集≫

[1046]M・モンローの人生そのものを描いたオットー・プレミンジャー監督に感謝する ★★★★★★  ここからラストシーン近くまで物語はほとんど三人のこの激流との闘いである。 二度と生きては戻れないと言われている「帰らざる河」。 この「帰らざる河」の激流と、モンローの人生の激流を折り重ね、 モンロ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

帰らざる河_1 (1954) アメリカ ≪モンロー特集≫

[1046]M・モンローの人生そのものを描いたオットー・プレミンジャー監督に感謝する ★★★★★★  5月、季節外れの風邪に悩まされたころ、 癒しであるべき韓国映画がちっとも癒しにならなくなったので、 私、じつはこっそりマリリン・モンローへの旅に出ていたのだった(笑)。 もう会うこともあまりなかろうと思い…。しばらく…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

市民ケーン (1941) アメリカ

[1044]演劇人オーソン・ウェルズと盟友ジョゼフ・コットンのやりとりを観てるだけで楽しい ★★★★★★ 観終わったあと資料を取りに「ウィキペディア」へ。 目を通して私は「あわわわ」と泡吹いてぶっ倒れそうになった。 「映画史上最高の作品ベストテン」つう項目があって、 この「市民ケーン」が圧倒的に第1位を獲得してる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

魔女と呼ばれた少女 (2012) カナダ

[1042]アフリカ的な風景は眺めているだけで癒される ★★★★☆☆☆ コンゴ紛争のさ中、 数奇な人生を辿ったひとりの少女の物語。 12歳の少女コモナの暮らす村は ある日突然、反政府軍の兵士たちに襲撃される。 反乱軍はコモナに銃で両親を殺害させ、 数人の子供たちと一緒に拉致する。 ゲリラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェ 39歳 別れの手紙 (2008) アメリカ

[1040]ゲバラはいまでも世界で一番かっこ良い男である ★★★★★★ 「もし我々が空想家のようだと言われるならば、 救い難い理想主義者と言われるならば、 出来もしないことを考えていると言われるならば、 何千回でも答えよう、『その通りだ!』と」 (ゲバラ) 1959年1月1日、バティスタがドミニカ共和国へ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チェ 28歳の革命 (2008) アメリカ

[1040]ゲバラはいまでも世界で一番かっこ良い男である ★★★★★☆ 「あのころ世界で一番かっこ良かった」 とジョン・レノンが称えた男。 私の中では「いまでも世界で一番かっこ良い」男、 チェ・ゲバラの伝記的作品である。 あるとき学生に知ってるかと聞いたら、 知ってます、Tシャツのおじさんですよね、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒野の決闘_2 (1946) アメリカ

[1034]西部の詩情とフォードの穢れなき魂が宿った名作を観たあとはフォークを踊ろう(笑) ★★★★★★ ドクはまだ町に留まっているクレメンタインを見て怒る。 君が出ていかないなら私が出ていくと、 馬車に飛び乗り、トゥームストーンを後にする。 残されたチワワはヒスを起こし、クレメンタインに八つ当た…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

荒野の決闘_1 (1946) アメリカ

[1034]西部の詩情とフォードの穢れなき魂が宿った名作を観たあとはフォークを踊ろう(笑) ★★★★★★ 子供のころから若い時分にかけて、 気づくといつも口ずさんでいた歌があった。 何を隠そう。この「荒野の決闘」の主題歌、 「My Darling Clementine」(いとしのクレメンタイン)だったのだあ~。{%う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こわれゆく女_2 (1974) アメリカ

[1031]この「病妻もの」のウラには、カサヴェテスの「演技論」が隠されている ★★★★★★ ニックは忙しい仕事の合間を縫い、 子供たちを遊ばせようと海へ行く。 なんで海なのかと思っちゃだめよ。 ここは少女ジュリアーナ(「赤い砂漠」)が、 救済に現れた無人の船を見、救済の歌を聞いた場所 なんだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こわれゆく女_1 (1974) アメリカ

[1031]こわれゆく女は白鳥たちが住めなくなった湖や川・森の悲鳴を聞いた ★★★★★★ 私の大好きなアメリカ映画(笑)。 小説の世界で言う「病妻もの」。 T・ウィリアムズの「ガラスの動物園」や、 島尾敏雄の「死の棘」、古井由吉の「杳子」などに一脈通じた作品。 ついでながら私の作品とも。 ごめん。私が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

縞模様のパジャマの少年 (2008) アメリカ/イギリス

[1028]米英人が他人の土俵を借りてつくるいい話、悲しい話にはうんざりだべ(笑) ★★★☆☆☆ 舞台は、第2次大戦下のドイツ。 8歳の少年ブルーノは、 軍人の父の仕事の関係で、住みなれたベルリンを離れ、 家族とともに、 周囲には家屋ひとつ見えない山中に引っ越す。 少年ブルーノの家族。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最愛の大地 (2011) アメリカ

[1024]なにもわかってないくせに他人の土俵で映画を撮るなよ ★☆☆☆☆☆ ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーの監督第1作。 ちなみに彼女は俳優ジョン・ヴォイトの娘で、 現在のパートナーはブラッド・ピット。 物語は、俗に言う「サラエボのロミオとジュリエット」。 子どもが生まれたばかりの姉と アパ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

チェンジリング (2008) アメリカ

[1021]この映画を観てると「集団的自衛権」が狂気の沙汰以外の何ものでもないとよくわかる? ★★★★★★ 「奴らを高く吊るせ!」を観ているときに思い出したので 改めて観たC・イーストウッド監督作品。 1930年10月、 20人の子供たちを殺害したとして高く吊るされた男、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奴らを高く吊るせ! (1968) アメリカ

[1017]C・イーストウッドがハンバーガー西部劇を見限った記念碑的作品(笑) ★★★★☆☆ まずはご報告。 TOPの文字が読みづらいため、模様替えを行いました。 あまり気には入らないのですが、 CSSをいじれない素人だし(泣)。 私の兄貴、クリント・イーストウッドの主演作。 咳で寝込んでいるときに棚から引っ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゼロ・ダーク・サーティ (2012) アメリカ

[1015]この映画、なに見せたいんだろう? なに撮りたいんだろう? ★★☆☆☆☆ 9.11テロ事件後、 ビンラディンの行方を追うCIAの行動と、 暗殺のようすを描いたもの。 CIAの追跡から暗殺までをかなり事実に忠実に描いた というのがウリらしいんだけど、 え~、CIAの関係者でも漏らすやつがいるのかあ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more