テーマ:深作欣二

道頓堀川_2 (1982) 日本

[1082]バブル最盛期、深作はなぜこの作品で「戦後」を描いたのか さち子は店を田村へ返し、アパートを片づけ終わると、 工事現場で働いている邦彦を訪ねる。 そして150万は武内に返してもらったからとアパートへ誘う。 そして事情を話したあと言う。 卒業するまでの二年間だけでいいから一緒に暮らしたい、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道頓堀川_1 (1982) 日本

[1082]バブル最盛期、深作はなぜこの作品で「戦後」を描いたのか 宮本輝の「泥の川」「蛍川」に続く三部作・完結編ともいえる 「道頓堀川」を深作欣二が映画化したもの。 たしか松坂慶子を主演に初めて撮った作品。 例によって私のいい加減な記憶なので当てにしないでね(^^♪ 舞台は大阪ミナミの繁華街・道頓堀。時は現代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脅迫(おどし) (1966) 日本

[778]ひとは肉体で生きているのだということを思い知らされるよ ★★★★★★ 愛する深作映画を観ていつも思うのは、 深作欣二には幕末の水戸浪士の血が流れてる! ということだ。 初期の代表作ともいえるこの「脅迫(おどし)」もそう…。 ある会社の営業部長・三沢は、 部下の結婚式から帰った日の夜、 脱獄犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やくざの墓場 くちなしの花 (1976)

[697]深作欣二はこの映画で「戦後の墓場」を描いてみせた! ★★★★★☆ オギちゃん(オギワラ)が、 みんなで観ましょうよと借りてきてくれた作品。 涙が出るほど嬉しかった…(笑)。 でも私のほうにそんな余裕がないときだったので、 みんなで観れなかった。 ごめんな、オギ…。 1976年公開の深作作品……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁義の墓場 (1975)__後

[592]石川力夫=深作欣二の狂気に私は到達できるのか? ★★★★★★ 東京へ帰ると、石川は荒木町の地恵子を訪ねる…。 地恵子はシャブを打っている石川の変わりように驚く。 一方で、彼女はすでに肺を病んでいた…。 今井を訪ねると、すでに一家を構えていた。 かれは一年も経たないうちに帰ってきた石川に驚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁義の墓場 (1975)__前

[592]他人との、世界との結節点を失い、石川力夫は狂犬と化す ★★★★★★ 私がド肝を抜かれた作品。 正真正銘、ド肝を抜かれたのは後にも先にも この作品だけ…。 深作欣二監督の最高傑作。 日本映画の最高峰…。 韓国映画風にいえば、日本最強映画…(笑)。 混乱の戦後、新興ヤクザ社会を駆け抜けた、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

狼と豚と人間 (1964)

[491]高度成長下の日本人の欲望を描き出した傑作。 懐かしいなあ。 懐かしいなんてもんじゃないか。 高校生の時…、1964年に観て以来だもんなあ。 なってたんだねえ、DVDに。 嬉しいなあ。めちゃくちゃ嬉しかったよ。 べつに健さん(高倉健)ファン、 深作(深作欣二)ファンだからってことじゃなくてさ、映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャコ萬と鉄 (1964)

[460]ロッセリーニの洗礼を受けた深作欣二の初期の大傑作だよ…! 深作欣二さんに一度だけ会ったことがあるの。 羨ましい? ごめんね…(笑)。 1995年の10月。 わたしが水戸芸術館で 「サティアン-オウム真理教事件」という舞台を 作演出したとき…。 観に来てくだすったんだよねえ。 しかも2日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火宅の人 (1986)

[452]ばかをやってしまう人間だからこそ愛した壇一雄と深作欣二…? 東映の監督でいちばん好きな監督は…? 超難問だなあ。 東映は子どものころから観まくってるからなあ…。 一時期、熱狂した監督したという意味では、 まあ、この作品の深作欣二かもしんないけどね。 もちろん「仁義なき戦い」の前後…。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

深作欣二__監督

■深作欣二(日本) 1930年7月3日 - 2003年1月12日 茨城県水戸市出身、妻は女優の中原早苗。 映画監督の深作健太は実子。愛称は「サクさん」。 監督作品 1961 風来坊探偵 赤い谷の惨劇 1961 風来坊探偵 岬を渡る黒い風 1961 ファンキーハット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more